トップページ > 導入事例 > A/Bテストによる検証で導入フォームが未導入フォームよりも2.9ポイント高いコンバージョン率

導入事例Case Studies

A/Bテストによる検証で導入フォームが未導入フォームよりも2.9ポイント高いコンバージョン率

株式会社廣済堂

マーケティング部 メディアプロモーション課 課長大崎様

事業内容

1949年創業
情報コミュニケーション事業、ヒューマンコミュニケーション事業、ライフスタイルデザイン事業という大きな3つの事業領域を持つ廣済堂社。特にヒューマンコミュニケーション事業では、自社求人情報メディア「Workin(ワーキン) 」と多数のメディアを取扱う代理店業務を展開。東北・北信越を中心とした自社メディアは、30年以上の実績を持つ地域もあり、「地域ならでは」の求人情報を伝え、企業・求職者の良い出会いの創出を目指す。
  • 導入目的

    求人情報サイトでの応募者数アップ

  • 課題

    応募フォームにおけるコンバージョン率の向上

  • 結果

    求人情報サイトにおけるコンバージョン率が、サービス未導入フォームと比べて2.9ポイントアップ

導入サービス(各サービスの案内ページへのリンク)

紙メディアでは認知度の高い「Workin(ワーキン) 」、ハードルの高いWebメディアへの移行

自社求人媒体を発行して30余年の歴史の中で創刊した求人フリーペーパー「Workin(ワーキン)」は、東北圏では約8割の認知度を誇る媒体として展開しています。
しかし、求人情報のフリーペーパー市場に競合他社が多く参入し始め、かつWebメディアでの展開を始めた頃より、「Workin(ワーキン) 」が劣勢に立たされる場面に出くわすことも増えてきました。

自社でもWebメディアを強化しなければならないという考えは持っていたものの、営業現場では依然として紙メディアへの信頼感も強く、社として積極的にWebメディアへ軸足を移していくとまではなりませんでした。
そのような中、スマートフォンが一般化した2012年頃、それまで以上にWeb化への対応が迫られることとなります。

移行後の課題となる「コンバージョン最適化」のリソース改善

競合他社がWebメディアへの移行を進める中、さらに営業現場からは、競合他社のWebメディアが効果を発揮し始めてきているという声も聞こえてきました。

Webメディアは紙メディアとは異なり、「費用対効果」が顕著。そして「Workin(ワーキン) 」のWebメディアは、ようやくスタートラインに立ったばかり。
「応募者が獲得でき、効果が出ている」という成果(応募者数の獲得)をそれまで以上に向上させる必要がある、と強く感じるタイミングでした。

しかし、社内にはその課題を解決できるノウハウを持った人材がおらず、リソース不足に悩まされていました。そのような中で出会ったのが、ショーケース・ティービーさんの「ナビキャスト フォームアシスト」でした。

取引実績も十分で、中には弊社のような中堅企業の実績も多数。
何よりも導入まで手間をほとんどかけることなく、ショーケース・ティービーさんが色々対応してくださるというのです。
私たちとしても、多くのノウハウを持つ企業に導入までサポートしていただけることはとても心強く、担当者の私としては是が非でも導入したいという思いがありました。

まず、説得しなければならないのは弊社の経営陣。当然ながら、数値の根拠で納得してもらう必要があります。
自分たちだけではその説得材料を十分には揃えることができなかったため、ショーケース・ティービーさんの知見と実績値が、これを後押ししてくれました。
もちろん、技術的な導入障壁もまったくありませんでした。

A/Bテストでフォームアシスト導入時のコンバージョン率が2.9ポイント優勢

ただし、いくら無事に導入できたからといって、効果を出さなければ意味を成しません。
Webメディアは前述のとおり、費用対効果が如実に表れることは既知の事実です。
そこでショーケース・ティービーさんからは、フォームアシストが導入されたパターンと、されていないパターンで効果を比較するA/Bテストを提案していただきました。

結果、フォームアシストを導入したパターンの方が、未導入パターンよりも2.9ポイントもコンバージョン率が高いという結果が出ました。
数値こそ小さいように見えるかもしれませんが、実数にすれば大きなインパクトを示す数値です。

また、ショーケース・ティービーさんのコンサルタントの方が、毎月レポーティングで私たちのフォームの改善提案をしてくださいます。
外部コンサルタントにレポーティングを依頼する場合、時として「プランの提案のみ」となってしまいがちなのですが、PDCAを回しながら常に前進するための提案をいただけることに、とても心強さを感じています。

私たちには「Workin(ワーキン) 」で達成すべき目標があります。
道のりはまだまだ長く、道半ばという状態ではありますが、ショーケース・ティービーさんとの二人三脚で達成できるものと信じ、今後ともお付き合いができればと思っています。

地元のお仕事探しならWorkin(ワーキン)

http://workin.jp/

サービスに関するお問い合わせ