トップページ > 会社情報 > CSR活動 > ISO26000の取り組み

ISO26000の取り組み

ISO26000とは

ISO26000は、2010年11月1日にISOが発行した国際的な場で規格化された世界初の「社会的責任に関する手引書(ガイドライン)」です。 これは主要な複数の主要なステークホルダーによって議論されたグローバルな手引書として発行され、認証を必要とするマネジメントシステム規格ではなく、持続可能な発展への貢献を最大化することを目的にした文書です。


ISO26000の必要性

世界中でさまざまな社会問題が深刻化してきているなか、わたしたちショーケース・ティービーが属する社会が持続するためには、社会的に責任ある行動が重要となります。 わたしたちは、この社会的に責任のある行動を進めていくために、ISOが規格化したISO26000に準じた行動をすることが必要であると考えています。


ステークホルダー・エンゲージメント

わたしたちショーケース・ティービーは、すべてのステークホルダーに対して、誠実に向き合い、公正で最適なコミュニケーションを通して健全な関係の維持を努めることが責任であると考えます。


ISO26000対照表(取り組み)


7つの中核主題 主題ごとの課題 SCTVの取り組み
組織統治 1. 組織統治 【組織の目的や役割を達成するために、有効な透明性を伴う意思決定の仕組みを持つ】
コーポレート・ガバナンス
CSRの基本方針
人権 2. デューディリジェンス(組織の決定が人権に与える影響の調査のことを意味する)
3. 人権に関する危機的状況
4. 加担の回避
5. 苦情解決
6. 差別及び社会的弱者
7. 市民的及び政治的権利
8. 経済的、社会的及び文化的権利
9. 労働における基本的原則及び権利
【すべての人に与えれられた基本的権利「人権」を尊重・配慮し、必要があれば改善していく】
・社内対応マニュアルを設置
CSRの基本方針
労働慣行 10. 雇用及び雇用関係
11. 労働条件及び社会的保護
12. 社会対話
13. 労働における安全衛生
14. 職場における人材育成及び訓練
【「労働は商品ではない」が基本原則にもとづいた「労働関連法令の順守」による、組織と従業員にとってより良い労働環境を作り上げる】
・衛生委員会の毎月運用
CSRの基本方針
環境 15. 汚染の予防
16. 持続可能な資源の利用
17. 気候変動緩和及び適応
18. 環境保護、生物多様性、及び自然生息地の回復
【環境に関する法令の順守を前提に、組織活動が引き起こす環境への影響責任を持つ】
・オフィス用品のエコ資源(グリーン)購入
公正な事業慣行 19. 汚職防止
20. 責任ある政治的関与
21. 公正な競争
22. バリューチェーンにおける社会的責任の推進
23. 財産権の尊重
【法的には独禁法や下請法などの順守はもとより、社会的に非倫理的な行動は慎む】
CSRの基本方針
消費者課題 24. 公正なマーケティング、情報及び契約慣行
25. 消費者の安全衛生の保護
26. 持続可能な消費
27. 消費者に対するサービス、支援、並びに苦情及び紛争の解決
28. 消費者データ保護及びプライバシー
29. 必要不可欠なサービスへのアクセス
30. 教育及び意識向上
【自らの組織が提供するサービスが消費者への被害、危害などの悪影響のないように配慮する】
プライバシーポリシーの設置
クッキーのオプトアウトに関する案内の設置
コミュニティへの参画及びコミュニティの発展 31. コミュニティへの参画
32. 教育及び文化
33. 雇用創出及び技能開発
34. 技術の開発及び技術へのアクセス
35. 富及び所得の創出
36. 健康
37. 社会的投資
【地域コミュニティに対し、対話・教育・雇用などに積極的に取り組む】
自治体支援(CSR活動)