トップページ > プレスリリース > EFOの定番「フォームアシスト」が導入フォーム数3,500を突破!

EFOの定番「フォームアシスト」が導入フォーム数3,500を突破!

2016年2月12日

この度、当社が提供するEFOサービス【ナビキャスト フォームアシスト(以下、フォームアシスト)】の累計導入数が3,500フォームを突破(導入実績3,524フォーム 2016/2/1時点)しましたのでお知らせします。

FA3500

■国内外の特許が評価されて大手企業を中心に利用が拡大
当社はWebサイトからの申込を逃してしまう原因が入力フォームにあるということに着目し、入力フォームの最適化サービス【フォームアシスト】を2008年から提供開始してまいりました。
2010年に根幹技術である入力支援に関する国内特許(特許番号 特許第4460620号)を取得し、さらに2015年10月にはオートコンプリートに関する特許(特許番号 特許第5830581号)も取得しております。

当社は独自のデータセンタ運用による安全性・安定性の担保とフォーム入力支援専門の技術向上を繰り返しており、その積み重ねがお客様にも評価されています。
特に金融機関や証券会社、大手ECサイトなどでは長年にわたってご利用いただいており、その技術は他の弊社サービス「仲介名人」などにも応用され、より広範囲の業界にも支持されるようになりました。これもひとえに、フォームアシストをご愛顧いただいているお客様のおかげと感謝しております。

■フォームアシストが蓄積した改善データとノウハウの高度利用
導入済みの3,500を超える入力フォームはそれぞれ課題が異なります。当社は専任スタッフを配置して「フォームアシスト」による改善を繰り返すとともに、この知識・技術・経験をアルゴリズム化して新たな機能も提供しております。

例えば先日発表のオートコンプリート機能とその特許についても、これらの経験の蓄積によるものです。今後もさらに効果の高い提案・コンサルティングならびに機能開発を行ってまいりますので「フォームアシスト」をよろしくお願いします。

当社は、Webサイトを「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」するサービスを開発・提供し、多くの企業でコンバージョン改善に寄与します。

■ナビキャスト フォームアシストとは
企業サイトやECサイトの入力フォームページにおけるユーザの途中離脱を防止するためのASPツールです。必須入力項目の色付けや全角半角などの自動変換、入力情報の間違いをリアルタイムに判定・警告表示しアシストを行うなど、入力フォームにおける離脱防止に貢献します。
http://www.showcase-tv.com/formassist/

お問い合わせ先:管理本部 広報・IRグループ 広報 島田
TEL:03-5575-5117
E-mail:info@showcase-tv.com