トップページ > プレスリリース > 9つ目の特許を取得 モバイル端末を使った個人情報の暗号化に関する技術で企業の情報漏えいリスクを大幅低減

9つ目の特許を取得 モバイル端末を使った個人情報の暗号化に関する技術で企業の情報漏えいリスクを大幅低減

2016年8月2日

当社はこの度、当社が出願しておりました、個人情報の暗号化とその復元・保存に関する新たな特許を取得したことをお知らせします。

■本特許の特徴

本特許は「データ管理システム、データ管理プログラム、通信端末およびデータ管理サーバ」が端末を所有する特定の個人しかデータが閲覧できないよう暗号化する技術です。 アクセスしたブラウザ端末にユニークなID(以下、端末ID)を発行し、その端末IDをベースに鍵を生成して暗号化します。サーバには暗号化したままでデータ保管し、復号も端末IDによってのみ行われます。

挿絵

■本特許の意義

現在、個人情報を取り扱う特定のサービス・サーバなどは、一度漏洩してしまうと悪意のある攻撃者が閲覧し悪用可能となり、個人情報の本来の所有者(個人)もコントロールできなくなるリスクがあります。 しかし、各種サービス・業態のオンライン化が進み、個人情報を入力する機会は急増しています。

このような状況を鑑み、当社では、個人がより安全に自分の情報をネットワーク上に保存し、活用できる「安全かつ便利」な手段を研究してまいりました。 本特許の技術を使用すれば、個人に紐づく情報の呼び出しや入力の自動化なども、安全かつ容易に運用でき、仮に公のサービス・サーバがハッキングされても暗号化されたデータの解読にはサーバに個人情報の所有者端末が同時にアクセスし、端末IDを提供することが必要なため、個人情報の漏洩リスクを大きく低下させます。 本特許はインターネットでおもてなしを実現する上で重要な技術の1つと考えております。

■想定される導入企業
・会員情報などの個人情報を大量にサーバに保管しているサイト運営企業様
・データのハッキングなど不正なアクセスに悩んでいる企業様
・個人情報を含む大量のデータベースを運用、管理するサービス会社様など

■特許情報
特許番号 :第5969716号
発明の名称:データ管理システム、データ管理プログラム、通信端末およびデータ管理サーバ
特許出願日:平成28年1月13日
特許取得日:平成28年7月15日

■今後の展開
今回取得した特許は、近年急増し深刻化する個人情報の漏洩による被害を最小限におさえるためのソリューションの基礎技術となっています。今後は、本技術を活用したサービスおよび当社の既存サービスに連携する各種データベース管理に応用していく予定です。

お問い合わせ
担当:管理本部 広報・IRグループ 島田
TEL:03-5575-5117
E-mail:info@showcase-tv.com