トップページ > プレスリリース > 富士通と共同でスマートフォンユーザビリティ調査を実施

富士通と共同でスマートフォンユーザビリティ調査を実施

2013年12月3日

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区、代表取締役CEO:森雅弘、以下「当社」)は、ウェブサイトの文章をスマートフォン(スマホ)用に自動で最適化する「サイト変換ブラウザ」を、富士通株式会社に提供し、共同でシニア層向けスマートフォンのユーザビリティ調査を行ないました。

提供技術について

「サイト変換ブラウザ」に使用した機能は、あらゆるウェブサイトにおいて、見出しや本文などを抽出し、シニア層など スマートフォンに不慣れなユーザでも見やすく、操作しやすい画面に変換する当社の技術です。 すでに国内主要509サイト(2013年11月現在)で利用されているサイト変換クラウドサービス「スマートフォン・コンバータ」で培われた技術をベースに、シニア層向けにWeb閲覧時の視認性や操作性を向上させる機能を加えたものです。

topics_fujitsu_jointinvestigation
(C)The Yomiuri Shimbun

調査について

本ユーザビリティ調査は、2013年5月、年齢55歳以上の従来型携帯電話ユーザで「半年から1年以内にスマートフォンを購入予定」とする男女6名に対して1名あたり90分の定性調査を行ったものです。 この調査結果では参加者全員が、ピンチインや横スクロールの不要な「サイト変換ブラウザ」の機能を高く評価し、従来のブラウザ閲覧よりも「読みやすい」「メガネが不要」「複雑な操作がなくて良い」などのコメントをいただきました。 当社では今後、この調査結果をもとに、シニア層のみならず、視認性や操作性の問題でスマートフォン購入を躊躇するユーザの為に、 変換技術を向上させていく予定です。

*発明の名称:ウェブ表示プログラム変換システム、ウェブ表示プログラム変換方法、及び、ウェブ表示プログラム変換用プログラム(WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION SYSTEM, WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION METHOD AND PROGRAM FOR CONVERTING WEB DISPLAY PROGRAM) 日本特許第4936413号、米国特許番号 US 8,291,311 B2、シンガポール特許番号 184300

「ショーケース・ティービー」および「スマートフォン・コンバータ」は、株式会社ショーケース・ティービーの登録商標です。 その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。


お問い合わせ先:管理本部 広報・IRグループ
TEL: 03-5575-5117 / FAX:03-5575-5118
E-mail:info@showcase-tv.com