トップページ > プレスリリース > 金融機関を中心としたサイト運営企業向けに不正検知や防止を目的としたクラウド製品シリーズ「ProTech」を販売開始

金融機関を中心としたサイト運営企業向けに不正検知や防止を目的としたクラウド製品シリーズ「ProTech」を販売開始

2016年8月12日

当社は、金融機関を中心とするWebサイト運営企業に対して、不正なログインやBot対策、フィッシング対策、暗号化によるセキュリティ強化などを目的とする商品群を、新ブランド「ProTech(プロテック)」シリーズとして販売開始することをお知らせいたします。
protech_logo

■セキュリティ特化の新ブランド販売開始の背景

2014年度にサイバーセキュリティ基本法が制定され、日本政府は金融機関を含む重要インフラ事業者のサイバーセキュリティ確保のため、政府が一丸となって施策を講じています。また、2015年には、金融庁から各金融機関に向けて「金融分野におけるサイバーセキュリティ強化に向けた取組指針」が通達され、より一層のセキュリティ関連対策の導入ニーズが高まっています。

こうした背景から当社では以下のようなリソース、強みを活かし、セキュリティに特化した新製品シリーズを「ProTech」ブランドにて販売開始することとなりました。

・既存のマーケティング支援クラウド事業におけるブラウザ認証やログ解析の技術
・スマートフォンとクラウド分散のデータ暗号化特許に代表されるセキュリティ強化の技術特許
・Fintechを中心とする先端技術研究機関「Showcase Lab.」の設立
・セキュリティの各専門会社との提携における最新技術の導入
・大手金融機関を中心とした累計6,500アカウントを超える顧客接点

■新ブランド「ProTech」の製品群について

既存の主要事業であるマーケティング支援クラウドにおける製品シリーズ「NaviCast」に加え、セキュリティを主な目的とする製品群を今後、「ProTech」シリーズとしてリリースしてまいります。 本年度リリース予定のサービス群は以下のものを予定しています。
・eメール不正検知
・Bot対策(検知・防御)
・フィッシング対策(検知・防御)

なお、2016年1月にリリースした入力フォームにおける不正利用防止サービス「フォームプロテクト」は、【Fraud Protect(フロードプロテクト)】としてProTechの製品群に統合されます。

今後、サービス運営において公的に共有することで業界全体のセキュリティ強化につながる情報に関しては、政府、業界団体、公的セキュリティ機関などとも連携していく予定です。

■「ProTech」のロゴについて

ProTechはProtection(防止)とTechnology(技術)の合成語です。ロゴに使われているシルエットは狼の遠吠えをイメージしたものになっており、狼が遠く離れた群れの仲間に対して様々な情報を伝える習性があることから採用しました。
※ProTechは当社が登録商標出願中です。

お問い合わせ
担当:管理本部 広報・IRグループ 島田
TEL:03-5575-5117
E-mail:info@showcase-tv.com