トップページ > プレスリリース > スマートフォンの離脱率は、対策することによって12%の改善が可能

スマートフォンの離脱率は、対策することによって12%の改善が可能

2011年12月9日
株式会社ショーケース・ティービー

スマートフォンはPCに比べて20%、入力中の離脱率が高いが、
対策することによって12%の改善が可能

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区/代表取締役 CEO:森雅弘)は、当社の提供する入力フォーム専用のスマートフォン変換サービス【フォームコンバータ】 の顧客に対して導入前後の調査を行い、入力フォームの途中離脱が、スマートフォンはPCに比べ約20%高く、最適化によって約12%改善することを発表しました。

入力フォームこそ、スマートフォン対応が望まれる

当社の調べによれば、2011年11月度に調査をした結果、Webサイトの入力フォームにおけるPCの途中離脱率は49.6%でした。 一方、同期間のスマートフォンの離脱率は69.5%とPCに比べて約20%も高く、企業においてはスマートフォン対応が急務であることを示しました。


スマートフォン最適化によって約12%の離脱改善

上記の入力フォームにおいてスマートフォン専用の最適化を行ったところ、導入後の離脱率が57.6%に減少。導入企業では平均約12%の改善を図ることができました。

163の入力フォームにスマートフォン変換サービスを導入

【フォームコンバータ】はPCサイトで使用している入力フォームをそのままスマートフォンに自動的に最適化できるASPサービスです。 すでに163の入力フォームに導入され、ご担当者様からは、

「手間、工数、コストを考えても圧倒的に安い!」
「現状の入力フォームがそのままスマートフォン対応になるのでDBとの連携もそのまま使えて便利!」
など、利便性に加え費用対効果が高いことについても評価いただいております。
また、金融系企業様においてはセキュアな領域のため入力フォーム部分に改修を施すことはハードルが高いですが

「システムや構成を改修することなく見た目だけを変えることができるのでとても安心!」
と、セキュリティに厳しい大手金融系企業様からも高い信頼をいただいております。 すでにPCサイトでEFO(入力フォーム最適化)対策済みの企業は、入力フォーム最適化の重要度意識が高く、スマートフォン対応を積極的に行う傾向が見られます。

導入実績
  • 株式会社エービーシー・マート様
  • 株式会社インテリジェンス様
  • マネースクウェア・ジャパン株式会社様
  • 株式会社ジャパンネット銀行様 他、多数

【フォームコンバータ】とは

【フォームコンバータ】はスマートフォンの特性に合わせて入力フォームページを最適化表示するASPツールです。 PC用に作成された入力フォームを改修することなくスマートフォン用に切り替え表示することが可能なため手軽に導入できます。

株式会社ショーケース・ティービーについて

企業のWebマーケティングを支援するための独自ツールの開発・提供、システム構築を行う。

お問い合わせ先 : 株式会社ショーケース・ティービー
広報担当:小森谷
TEL: 03-5575-5117 / FAX : 03-5575-5118
E-mail :info@showcase-tv.com