トップページ > プレスリリース > 株式会社コミクスに対する著作権侵害訴訟の提起について

株式会社コミクスに対する著作権侵害訴訟の提起について

2013年4月4日
株式会社ショーケース・ティービー

株式会社コミクスに対する著作権侵害訴訟の提起について

株式会社ショーケース・ティービー (代表取締役CEO:森 雅弘)は、平成24年12月26日、株式会社コミクス (東京都渋谷区円山町15-4、代表取締役 鈴木章裕(以下、「コミクス」) を相手方とし、著作権侵害差止を求める訴訟を東京地方裁判所に提起いたしました。

この訴訟において、当社は、当社が特許権を有する入力フォーム最適化サービス「ナビキャスト フォームアシスト」営業のために作成した顧客勧誘資料の一部を、コミクスが無断で複製、翻案し、自社の類似サービス「EFOCUBE」の顧客勧誘に利用していたとして、著作権の侵害行為の差止と損害賠償を請求しています(平成25年4月4日現在)。

なお、コミクスに対しては、同社のサービスが当社が保有する特許(特許番号4460620号)を侵害する可能性があるとして、平成22年10月26日、平成23年1月17日と警告を行なっておりますが、一切回答が得られなかったため、本件著作権侵害訴訟に関してはやむを得ず提訴した次第です。

なお、この訴訟提起による当社の業績に与える影響は軽微です。

報道関係のお問い合わせ先 : 株式会社ショーケース・ティービー
広報担当:小森谷
TEL: 03-5575-5117 / FAX : 03-5575-5118
E-mail :info@showcase-tv.com