トップページ > プレスリリース > フォームアシストがYahoo! JAPAN IDと連携

フォームアシストがYahoo! JAPAN IDと連携

2015年2月13日

当社が提供するナビキャスト フォームアシスト(以下、フォームアシスト)はヤフー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮坂 学)の提供するYahoo! JAPAN IDとの連携することが可能となりました(Yahoo! ID連携)。

これにより、2015年2月13日より当機能を申込みいただいた企業の入力フォームでは、ユーザがYahoo! JAPAN IDにログインすることにより、Yahoo! JAPANに登録した情報を反映させることができるようになります。

なお、Yahoo! ID連携を備えた入力支援サービスはフォームアシストが国内初となります。
yahooid_05
入力フォームでは入力形式が分かりづらいなどの理由により途中で諦めてしまうユーザが多く、特にスマートフォンでは離脱が顕著になります。
フォームアシストは入力支援機能によりコンバージョン(成約)率を改善してきましたが、更なる機能向上の為、Yahoo! JAPAN IDと連携しました。

■Yahoo! ID連携とは?

Yahoo! ID連携とは、約2,829万の月間アクティブユーザ※ を持つYahoo! JAPAN IDのログイン機能を用いてユーザのリクエストによりYahoo! JAPAN IDに登録·格納された住所、電話番号等の情報の連携をするサービスです。
当社はこのサービスを利用してYahoo! JAPANから呼び出した情報を入力フォームに反映させるようにフォームアシストに機能追加しました。そのためユーザの入力の手間を省き、簡単に登録手続きできるよう支援します。
※2014年7~9月 各月中にログインしたYahoo! JAPAN ID数の平均
出典:Yahoo! JAPAN調べ

■特にスマートフォンで見込まれる離脱率の改善

一般にスマートフォンユーザは入力作業の煩わしさによりPCユーザよりも離脱率が高いと言われております。
当社の顧客である金融業界のフォームでは、スマートフォンユーザの入力完了率がPCユーザよりも16.7ポイントも低いケースもありました。
入力作業を減らすことができるYahoo! ID連携機能はスマートフォンユーザの入力完了率を向上することが期待できます。

■連携手続きや、導入作業は必要なし

通常、Yahoo! JAPAN IDとの連携を行う際には、Yahoo! JAPANが持つ情報を取得する為の手続きや自社の入力フォームへの設定作業が必要です。
しかし、フォームアシストにて当機能を申込みいただいているフォームであれば、フォームアシストが連携の機能を備えているため、従来の設定作業を必要とせずYahoo! JAPAN IDと連携ができます。

ショーケース・ティービーは、Webサイトを「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」するサービスを開発・提供し、多くの企業でコンバージョン(成約率)改善に寄与します。
お問い合わせ先:管理本部 広報・IRグループ
TEL: 03-5575-5117
E-mail:info@showcase-tv.com