トップページ > 採用情報 > 社員インタビュー |コンサルタント

社員インタビュー |コンサルタント

インターンとして営業を一カ月間経験し、新卒採用として加入した西片史子。そして、前職ではバリバリのテレアポ営業を行い、中途採用で転身を図った町田美子。新卒/中途と加入の経緯もバックボーンも異なる二人が、現在はコンサルティング部門で二年目を迎えている。

西片(以下、西):入社早々にコンサルティング部門に配属された時は驚きましたね。一般的にコンサルティングと言えば、それなりに経験がある社員が務めるものだと思っていましたし、実際にショーケース・ティービーのコンサルのチームも社歴の長いメンバーが揃っていましたので。そんなチームに私が入るというイメージが湧かなかったです。ただ、新人のコンサル配属は、会社としても初めてのことで、迎え入れる側も衝撃的だったようですが(笑)

町田(以下、町):私は前職では「BtoC」向けの営業をしていたのですが、業界自体が慣習やしきたりが難しい環境の中で、私自身が今を生きているのに今を生きていないような錯覚に陥った時期があったんですね。そう考えたらITという、まさに“今”を生きる環境に身を置いてみたくなって、転職を決意したんです。ただ、これまでの営業キャリアとは異なる配属だったのはビックリでしたね。

【成長環境】明るくフレンドリーな環境に救われた



西:実際に入ってみたら営業のチームとは雰囲気が全然違いましたね。営業はその役割上、とにかく外に視点を置くことが常でしたが、コンサルのチームは一歩中に入って俯瞰して全体を見ているというのが特徴的でした。ただし、みんな明るい人ばかりが揃っていたので、すぐに打ち解けることができました。「新人だから入り込めないのでは……」といった不安は一切なく、最初から戦力として認められたことにはやりがいも感じましたね。

町:私も周りがフレンドリーに接してくれたことには随分助けられました。前職は監視体制が強い会社で、トイレに行くにも「お手洗いに行きます!」なんて宣言する必要があったのですが、これが社会の常識だと思って、ここでも「お手洗いに行きます!」なんて宣言してみたら、「そんなことしなくていいよ(笑)」って言ってくれて。今でこそ笑い話ですが、すごくオープンな雰囲気で、社員にある程度の裁量が任されていることに自由さを感じるほどでした。前職が極端なだけかもしれませんが、個人を尊重してくれているということはすぐに実感できました。

【仕事の楽しさ】お客様と共に喜びを分かち合える充実感



町:お客様と一緒に効果改善策を作り上げていく課程は楽しいです。一般的な改善策のセオリーは、必ずしもすべてのお客様に効果があるわけではありません。何よりも大切なのは、お客様にとって最善の施策は何であるのかを見つけ出すことなのですが、効果が認められた施策に巡り合った時は本当に嬉しいものです。そこに行き着くまでは、いくつかの失敗もあるわけですが、それらを乗り越えて一つの最適解が出来上がっていく課程は楽しめますね。

西:お客様の喜びが直接分かるということは何よりも楽しいですよね。お客様サイト全体の中でもほんの一部分のお手伝いかもしれませんが、提案が数値として効果に出てくると、お客様のマーケティング戦略の一端を担っているということが実感できますし、その重責の中で結果が出た時の達成感は、何ものにも代え難い喜びを感じますね。原則、顧客一社に対して一人の専属コンサルが配属されるのですが、時には提案内容をチーム全体で考えたりすることもあるので、知識共有もあって役立ちます。

【今後の目標】信頼と実績を積み上げ、価値ある提案を発信し続けたい



町:まずは実績を積み上げて、信頼してもらう地盤作りが大切ですね。そこがしっかり地固めされていれば、どんな仕事が来たとしても対処し切ることができますし、仕事の幅もより広がり、新たな提案もしやすい環境になると思っています。お客様からも仲間たちからも、もっと信頼してもらいたいですね。

西:どんな時でもお客様よりもたくさんの情報を持っている状態を維持し、そしてそれを適宜お客様に提供できるようにしていきたいです。いずれは「ショーケース・ティービーの西片」ではなく、「西片がいるからショーケース・ティービーとお付き合いしている」というぐらい、お客様にとって「価値のある人間」として認めてもらえるようになることが目標です。

【メッセージ】



西:知的好奇心の強さはコンサルティングに限らず、社会人にとって貴重な武器になります。ぜひインプット欲の強い人と一緒にお仕事したいですね。

町:この会社はとても楽しめる環境です。入社後の努力は尽きないのですが、一人一人が持ち合わせている個性を最大限に発揮することができる環境ですし、それが結果的にお客様に愛されるコンサルタントへの持ち味になります。人と違うことを恐れず、ドーンと飛び込んできて欲しいですね。


応募する