トップページ > 採用情報 > 社員インタビュー|営業

社員インタビュー|営業

  • 2015年新卒入社 川瀬 洸熙Hiroki
    Kawase
    営業

学生時代から便利なITツールを多く利用し、将来は自分が中心となって世の中に便利なサービスを生み出したいという思いでIT業界を志望。 ショーケース・ティービーに入社と同時に過去最大級の大型受注を取り、社内を震撼させた。 一見朴訥とした雰囲気を醸し出しながらも、心は熱く貪欲に夢への実現を狙うしたたかさを持つロールキャベツ男子。

【入社理由】決め手は「成長×理念×社長」

将来自分が中心となって世の中に便利な何かを生み出すことをしたいという思いが強くあったので、市場も会社も個人も成長スピードが速いIT業界に行くということは決めていました。

選考の中でこの人となら自分も成長できると感じられる人に会い、言葉の端々に社員を大切に思っているということが感じられる社長の人柄、そして「豊かなネット社会を創る」という企業理念が自分の将来像とマッチしていたことが決め手になりました。

【成長環境】個が尊重される環境で圧倒的な成長感

一言で言うと「すべて自分次第」。ガツガツやりたいと思えばやらせてくれるし、早く済ませて帰りたければそのようにもできる。それぞれ個人の働き方が尊重されていると感じています。仕事の中身についても自分次第。周りの先輩たちもとても優しいので、頼ろうと思えば頼ることもできますが、僕はできるだけ自分で調べて自分で対応しようと心がけています。

普段は目の前のことをただがむしゃらに、絶対に数字を達成したいという一心でやっているだけですが、気づいたらほかの同期の仲間に圧倒的な力の差をつけているということも。

入社半年で部長から「小さなことはもう報告しなくていいから、お前の好きなようにやっていいよ」と言われた時はビックリしましたが、ものすごくモチベーションが上がりました。

【仕事の楽しさ】年次関係なくチームや会社に貢献できている実感

四半期ごとのインセンティブがかかった最後の月、部長が「何としても達成しよう!」と声をかけたことから各営業に火が付き、ぎりぎりで部の目標を達成できたことがありました。

本当にどの案件が一つでも欠けていたら達成できていなかった。そこに自分も新人ながら貢献して、チーム一体となって勝ち取った初めてのインセンティブは本当にうれしかったです。

あともう一つ、同期と一緒に、あるサービスの新機能のアイデアを事業部長に話したら、その機能が採用されて実際にサービスに実装されたこともありました。1年目の僕らでも言ってみるもんだなと思いましたね。

【今後の目標】今の仕事の一つ一つが夢の実現へのステップ

まだ1年目なので、とにかく今は大きなゴールを達成するための修行の時だと思っています。就活の時に考えていた「世の中に便利なサービスを自分が主体になって生み出したい」という思いは全く変わっていません。

最近は中学時代からの親友と毎週末集まって新しいWebサービスの開発の勉強をしていますが、将来は自分自身がエンジニアとして作ることよりも自分たちのサービスを世の中に広めていくことをやりたいと思っているので、今の営業の仕事は絶対に将来に生きてくるという確信を持っています。

ショーケース・ティービーには方向は違っても同じような思いを持っている先輩たちもがいて、ベクトルが合っていると感じられるからのびのび働けると感じています。


応募する