トップページ > プレスリリース > 入力フォーム支援サービス【フォームアシスト】が特許を取得

入力フォーム支援サービス【フォームアシスト】が特許を取得

2010年3月17日
株式会社ショーケース・ティービー

入力フォーム支援サービス
【フォームアシスト】が特許を取得

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区/代表取締役 CEO:森雅弘)は、 弊社が独自に開発しました【フォームアシスト】に関する特許を取得しましたので、お知らせいたします。

【フォームアシスト】の概要

弊社が独自に開発し、改良を重ねてきた【フォームアシスト】は、 企業サイトやECサイトの入力フォームページにおけるユーザの途中離脱を防止するための ASPツールです。 該当ページにタグを貼るだけで手軽に導入が可能で、ユーザの入力情報の間違いをリアル タイムに判定し、警告表示やアシストを行うなど、入力フォームにおける離脱防止に大変効果的です。 2010年2月時点で、491入力フォームに導入されており、平均10%程度の成約率改善の実績が出ており、 入力フォーム改善の代表的なツールとして普及しております。
※詳しい機能については、サービス解説ページを参照ください。
http://www.showcase-tv.com/formassist/

EFO 改善効果

今回取得した特許

今回取得した特許は、【フォームアシスト】ならびに入力フォームの支援・改善・ 解析のベースとなる技術、すなわち「入力フォームの各項目においてユーザが入力した文字属性など のユーザ関連情報が所定の条件を満たすかに応じて、入力フォームの表示を変更させる」システムです。

特許番号
特許第4460620号
発明の名称
情報サービス提供方法およびサーバ
特許優先日
平成20年3月17日
特許出願日
平成21年3月17日
特許取得日
平成22年2月19日

特許の意義と今後の展開

弊社は、Webサイトの費用対効果を改善する独自のテクノロジー開発に力を注いでおり、 これまで多くの顧客企業におけるWebマーケティングに貢献してまいりました。 今回取得した特許は、Webマーケティングの一番重要なポイントである申込や購入画面の 入力フォームにおいて、ユーザの入力を支援し、成約率を向上させる包括的なシステムであり、 一般的にEFO(入力フォーム最適化)と呼ばれる改善施策のベースとなるものです。 今後は、本サービスを活用したアライアンス、共同サービス提供、ライセンス契約などを より一層進めていく予定です。

株式会社ショーケース・ティービーについて

企業のWebマーケティングを支援するための独自ツールの開発・提供、コンテンツの企画・制作、システム構築を行う。

お問い合わせ先 : 株式会社ショーケース・ティービー
広報担当:小森谷
TEL: 03-5575-5117 / FAX : 03-5575-5118