トップページ > プレスリリース > スマートフォン変換技術で米国特許を取得

スマートフォン変換技術で米国特許を取得

2012年11月7日
株式会社ショーケース・ティービー

Web最適化サービスの株式会社ショーケース・ティービーが
スマートフォン変換技術で米国特許を取得

株式会社ショーケース・ティービー(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:森雅弘)は、PCサイトからスマートフォンサイトに自動変換を行う【スマートフォン・コンバータ】、 およびPCサイトの入力フォームを変換する【フォームコンバータ】の根幹技術が国内に続き、米国においても特許として認められました。本技術を活用した当社の製品の導入実績は、 500社に達します。
※「ナビキャスト」「スマートフォン・コンバータ」は、当社の登録商標です。

当社変換技術を活用した製品

【スマートフォン・コンバータ】は、PC用サイトのページをスマートフォン等の別端末に自動で最適化表示させるASPツールです。
スマートフォンでは小さく表示され拡大しながら閲覧しなければならなかったPC用サイトを当サービス導入によりスマートフォン画面サイズに合ったサイズとレイアウトに自動で変換。 ストレスなく閲覧することが可能になります。導入は該当ページに所定のタグを貼るだけ。手軽に導入することができます。
サービスサイトURL:https://www.showcase-tv.com/smartphoneconverter/

【フォームコンバータ】は、PC用サイトの入力フォームをスマートフォン等の小さな端末から入力しやすい画面に自動的に変換するASPツールです。
スマートフォン利用者の急増により、PCサイトでの離脱が問題となっており、スマートフォン対応に悩む多くのWebサイト担当者の課題解決ツールとして成長が期待できるサービスです。
サービスサイトURL:https://www.showcase-tv.com/formconverter/

導入事例
  • エヌ・ティ・ティ・レゾナント株式会社
  • アイフル株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 楽天証券株式会社
  • SMBCファイナンスサービス株式会社
  • 株式会社エービーシー・マート
  • 株式会社サントリー
  • 株式会社ガシーレンカー・ジャパン
  • 株式会社クレディセゾン 、他多数

国内に続き米国でも特許取得

当社のスマートフォン変換技術は2012年3月に国内で特許を取得したことに続き、今回米国で特許を取得しました。 PCとスマートフォン、タブレットなど異なるスクリーンサイズの端末で表示させる場合、元のサイトに含まれるエレメント(画像、テキスト、プログラム)を 個別管理し、表示させたい端末のスクリーンサイズに最適な表示に変換する技術となります。当サービスは米国以外でも国際特許を出願中です。

  • 米国特許番号:US 8,291,311 B2
  • 発明の名称:WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION SYSTEM, WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION METHOD AND PROGRAM FOR CONVERTING WEB DISPLAY PROGRAM
  • 特許優先日:2011年3月7日
  • 国際出願日  :2011年7月20日
  • 米国特許取得日:2012年10月16日

特許の意義と今後の展開

当社は、Webサイトの費用対効果を改善する独自のテクノロジー開発に力を注いでおり、これまで多くの顧客企業におけるWebマーケティングに貢献してまいりました。 今回、初めて海外特許を取得し、自社技術が世界レベルで認められたことは、当社にとって大きな励みと自信になりました。 今後当サービスを活用したアライアンス、共同サービス提供、ライセンス契約、海外展開などをより一層進めていく予定です。

株式会社ショーケース・ティービーについて

企業のWebマーケティングを支援するための独自ツールの開発・提供、システム構築を行う。

お問い合わせ先 : 株式会社ショーケース・ティービー
広報担当:小森谷
TEL: 03-5575-5117 / FAX : 03-5575-5118
E-mail :info@showcase-tv.com