【教育訓練給付金制度あり】オンライン英会話13選|2024年5月

  • 2024年5月21日
  • 本記事には広告が表示されます
教育訓練給付金制度(助成金)のあるオンライン英会話

オンライン英会話スクールは、自宅で気軽に学べるという良い面がある一方、どうしても入学金や受講費の高さが気になってしまいますよね。

そこでおすすめなのが教育訓練給付金制度(助成金)の活用です。

オンライン英会話スクールにかかる費用を最大10万円まで給付してくれ、しかも利用のハードルが低いので積極的に活用したい制度になっています。

本記事では、そもそも教育訓練給付金制度とはどのような制度か、教育訓練給付金制度を使う方法と、教育訓練給付金制度を利用できるおすすめの講座・コースを紹介します。

教育訓練給付金制度のあるオンライン英会話おすすめ

スクール概要
ベルリッツ
ベルリッツ
語学学校として140年以上の実績があり「本物の英語力」が身につく
>解説を見る
ECC外語学院ロゴECC外語学院「引き出す」をコンセプトに受講者が自ら発信する力を身に付けられるような独自メソッドで自信と会話力をUP

>解説を見る
イーオン ロゴイーオン通学することで臨場感や雰囲気を味わいながら学習し実践

>解説を見る
TORAIZ
トライズ
科学的に基づいた学習方で効率的に学べる。専属コンサルタントあり

>解説を見る
ワンナップ英会話 ロゴ
ワンナップ英会話
初心者のレベルアップに必要なサポートが充実

解説を見る

\今すぐ確認/補助金対象のおすすめスクールを見る

「くらべて英会話」は、株式会社ショーケース(東証スタンダード:3909)の広告・メディア事業本部が運営しており、「おすすめオンライン英会話」や「おすすめ英語コーチング」などの情報を編集部が定期更新中です。

オンライン英会話で使える教育訓練給付金とは

オンライン英会話で使える教育訓練給付金とは

始めに、そもそも教育訓練給付金制度とはどのような制度か、教育訓練の種類やそれぞれの給付条件、支給割合や上限などを見てみましょう。

教育訓練給付金制度を利用する時のポイント
  • オンライン英会話は3種類のうち「一般教育訓練」に該当
  • 一般教育訓練は「受講料の20%(最大10万円)が給付」される
  • 「雇用保険への加入期間」が基本的な支給要件
  • 講座修了後にハローワークに申請すれば給付金がもらえる

オンライン英会話で教育訓練給付金制度を利用すれば、最大10万円を国から給付を受けることができ、利用できる人の条件(支給要件)も厳しくないので、ぜひ利用を検討しましょう。

\今すぐ確認/補助金対象のおすすめスクールを見る

教育訓練給付金制度とは?

教育訓練給付金制度とは、雇用の安定や再就職の促進を目的として、「能力開発やキャリア形成を金銭面から支援」してくれる制度のことです。
対象講座を受講し修了することで、支払った受講料のうち一定割合のお金を後で国から貰えるため、受講にかかる費用を抑えることができます。

教育訓練給付金制度のポイントは、次の通りです。

教育訓練給付金制度のポイント
  • 「厚生労働大臣からあらかじめ指定を受けた講座」が対象
  • 指定は3種類あり、給付割合は受講費用の20%、40%、最大70%と異なる
  • 制度の利用者は、対象講座修了後に給付金を貰える
  • 「入学金と受講料の合計」が対象
  • 「雇用保険への一定期間以上の加入」が基本的な支給要件

>補助金対象のおすすめスクールを見る

教育訓練給付金制度は「厚生労働大臣があらかじめ指定した講座」が対象で、一つのスクールの中でも対象になる講座とならない講座があります。

給付金の割合や上限額は「3種類ある教育訓練の分類」によって大きく変わります。

このように、複雑に見える教育訓練給付金制度ですが、利用のハードルが低く給付割合も高いので、実はかなりお得で使いやすい制度なのです。

教育訓練の種類と支給割合

教育訓練給付金制度では、講座を内容に応じて「一般教育訓練」、「特定一般教育訓練」、「専門実践教育訓練」の3つのどれかに分類し指定しています。

分類によって支給割合や支給上限が大きく異なります。

専門実践教育訓練

専門実践教育訓練は、「労働者の中長期的キャリア形成に資する教育訓練」が対象です。

専門実践教育訓練の給付割合・支給上限や対象講座の例は、次の通りです。
専門実践教育訓練-給付割合等

画像引用元:厚生労働省-専門実践教育訓練の種類と給付率等

対象の講座は、看護師や社会福祉士、デジタル関係の講座などの専門的な内容のものです。

専門実践教育訓練の給付割合・上限は最大で受講費用の70%(年間上限56万円・最長4年)と、3つの分類の中で最も高くなっています。

特定一般教育訓練

特定一般教育訓練は、「労働者の速やかな再就職及び早期のキャリア形成に資する教育訓練」が対象です。

特定一般教育訓練の給付割合・支給上限や対象講座の例は、次の通りです。
特定一般教育訓練

画像引用元:厚生労働省-特定一般教育訓練の種類と給付率等

対象の講座は、大型自動車第一種免許や税理士などです。

そして、特定一般教育訓練の給付割合・上限は受講費用の40%(上限20万円)となっており、給付金は「講座修了後」にまとめて貰えます。

一般教育訓練

一般教育訓練は、「その他の雇用の安定・就職の促進に資する教育訓練」が対象です。

一般教育訓練の給付割合・支給上限や対象講座の例は、次の通りです。
一般教育訓練

画像引用元:厚生労働省-一般教育訓練の種類と給付率等

対象講座は、英語検定や簿記検定などの比較的易しい内容のものとなっています。

なお、オンライン英会話はこの一般教育訓練に該当します。

一般教育訓練の給付割合・上限は「受講費用の20%(上限10万円)」で、こちらも「講座修了後」にまとめて貰えます。

>補助金対象のおすすめスクールを見る

教育訓練給付金制度の支給要件

教育訓練給付金制度の利用には、「支給要件を満たしている」必要があります。

支給要件とは「制度を利用できる人の条件」のことで、教育訓練給付金制度の支給要件は次の通りです。

教育訓練給付金制度の支給要件

画像引用元:厚生労働省-教育訓練給付金受給支給要件

教育訓練給付金制度の支給要件は、基本的に「雇用保険の加入期間」で決まるため、利用しやすいと言えます。

なお、支給要件を満たしているかを確認したい場合には、ハローワークに問い合わせてみましょう。

\今すぐ確認/補助金対象のおすすめスクールを見る

▲目次に戻る

オンライン英会話で教育訓練給付金を使う方法

【フリー】教育訓練給付金制度-イメージ

次に、オンライン英会話スクールで教育訓練給付金を使うための条件や申し込み方法を確認します。

オンライン英会話で教育訓練給付金を使う方法
  • 教育訓練給付金制度を使う条件を満たす
  • 講座・コースの修了認定条件をクリアする
  • ハローワークへ給付金の受給申請をする

オンライン英会話で教育訓練給付金制度を利用する際には、気を付けなければならない点がたくさんあります。

オンライン英会話で教育訓練給付金制度を使う条件

まず、オンライン英会話で教育訓練給付金制度を使うための条件は、次の通りです。

教育訓練給付金制度を使う条件
  • 自分が教育訓練給付金制度の支給要件を満たしていること
  • 講座・コースが給付金制度の指定を受けていること

このように、教育訓練給付金制度を使うためには「自分」と「講座・コース」が教育訓練給付金制度の対象であることが必要です。

一つの講座の中でも受講期間によって給付金の対象になる場合とならない場合があるため、この点は特に注意しましょう。

なお、ハローワークで配布する「教育訓練給付金支給要件照会票」に必要事項を記入し、本人確認書類を添付して提出すれば、自分を支給要件を満たしているか、受けたい講座・コースが制度の指定を受けているかを照会することができます。

一般教育訓練給付の申し込み方法

一般教育訓練給付の申し込みは、次の5ステップで行います。

  1. 制度の対象かを確認する自分が支給要件を満たしているか、講座が指定を受けているかを確認する
  2. スクールへ給付金制度利用を申し込む受講申込の際にスクールへ教育訓練給付金制度の利用も申し込む
  3. 講座・コースを受講し修了する講座・コースを受講し、修了認定条件をクリアする
  4. スクールから必要書類を受け取るスクールから受給申請書や教育訓練修了証明書、領収書等の必要書類を受け取る
  5. 受給申請書をハローワークに提出する受給申請書に必要事項を記入し、添付書類とともに提出する

特に注意したいのは、STEP1の「制度の対象確認」とSTEP2の「スクールへ給付金制度利用の申込」です。

重ねて言いますが、自分が給付金制度の支給要件を満たしているか、講座・コースが給付金制度の指定を受けているかは、講座へ申し込む前に確認しておきましょう。

給付金制度を利用する場合には、講座の受講申し込みと合わせてスクールに制度利用の申込が必要です。

制度利用の申込を行わないとスクールが対応してくれず、給付金を貰うことができないので気を付けましょう。

\今すぐ確認/補助金対象のおすすめスクールを見る

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度を使えるおすすめオンライン英会話

教育訓練給付金制度を使えるおすすめオンライン英会話
ここでは、教育訓練給付金制度を使えるオンライン英会話スクールを13ヶ所紹介します。

どの講座・コースが使えるか、受講料がいくらで給付金をどのくらい貰えるかが確認できるので、気になっている方は必見です!

教育訓練給付金制度のあるオンライン英会話おすすめ

スクール概要
ベルリッツ
ベルリッツ
語学学校として140年以上の実績があり「本物の英語力」が身につく
>解説を見る
ECC外語学院ロゴECC外語学院「引き出す」をコンセプトに受講者が自ら発信する力を身に付けられるような独自メソッドで自信と会話力をUP

>解説を見る
イーオン ロゴイーオン通学することで臨場感や雰囲気を味わいながら学習し実践

>解説を見る
TORAIZ
トライズ
科学的に基づいた学習方で効率的に学べる。専属コンサルタントあり

>解説を見る
ワンナップ英会話 ロゴ
ワンナップ英会話
初心者のレベルアップに必要なサポートが充実

解説を見る

ベルリッツ

ベルリッツ

ベルリッツ

ベルリッツ」は、講義に学習言語だけを使用し日本語以外の言語で考え話すことを徹底したベルリッツ・メソッドで、短期間でのスキルアップを目指すオンラインスクールです。

ベルリッツの特徴
  • レッスンは初日から学習言語のみ
  • 文法規則にとらわれず実生活で使える表現を学習
  • 言語だけでなくその国の文化の理解も意識した講義
  • 個々の目標に合わせた柔軟なカリキュラム

>ベルリッツの詳細を見る

ベルリッツは、「最も効果的な言語学習法」と言われる、レッスン初日から学習言語のみを使用した教授法「ベルリッツ・メソッド」で学びます。

また、文法規則にとらわれない、文化の理解も合わせて行うといった、学問よりも実生活での役立ちを意識した学習内容なのが特徴です。

そんなベルリッツで、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名ビジネス英語コース
受講期間・回数マンツーマンコース:10ヶ月
少人数レッスンコース:12ヶ月
入学金未公表
受講料マンツーマンコース:5,000円/回~
少人数レッスンコース:4,000円円/回~
カリキュラム(テキスト)代未公表
給付金額100,000円
実質負担額レッスン回数等による
詳細公式サイトを見る
給付制度対象プランで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で最大10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、ベルリッツは例えば「英会話力だけでなく文化や背景も知りながら学びたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/ベルリッツ(公式サイト)を見る

ECC外語学院

ECC外語学院

ECC外語学院」は、英語だけでなくフランス語やドイツ語、スペイン語などの様々な言語教育を行い、イード・アワードの英会話スクール部門で総合満足度№1の実績を持つスクールです。

ECC外語学院の特徴
  • 主体性を引き出し自ら発信する力を養う独自メソッド
  • 受講者のレベルに合わせた柔軟なレッスン
  • 世界14ヵ国への海外留学サポート
  • 教育訓練給付金制度指定の講座がたくさん

>ECC外語学院の詳細を見る

ECC外語学院は、「引き出す」をコンセプトに受講者が自ら発信する力を身に付けられるような独自のメゾットで自信をもってのびのび英語を話せるよう指導してくれます。

また、留学やホームステイのさまざまなプログラムを用意しており、1週間から長期に至るまで多くのプランから選んで海外留学もできます。

そんなECC外語学院で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースは全部で20以上あり、英会話に関するものは次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名日常英会話コース中上級者向け英会話コースビジネス英会話コース
コース概要初級から中級が対象4段階のレベルに応じた内容目的やレベルに合わせてカスタマイズ
入学金22,000円22,000円22,000円
受講料グループレッスン:16,300円/月~
マンツーマンレッスン:13,323円/回~
グループレッスン:21,080円/月~
マンツーマンレッスン:16,896円/回~
英語基礎力養成100分:103,956円
英語基礎力養成80分:87,656円
教材費・諸経費未公表未公表未公表
給付金額最大100,000円最大100,000円最大100,000円
実質負担額レッスンスタイルによるレッスンスタイルによるレッスンスタイルによる
詳細公式サイトで詳細を見る
ECC外語学院は、個々の目標やニーズに応じて様々な受講回数やスタイルを選べる形となっていて、教育訓練給付金も受講料などに応じて最大10万円を受け取ることができます。

ECC外語学院は「実績を持ったスクールで安心して学びたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/ECC外語学院(公式サイト)へ

イーオン

イーオンイーオン

CMなどで有名な英会話の「イーオン(AEON)」は、選べる4つのレッスン内容で個々の目的に沿ったスキル獲得を目指せる通学型のスクールです。

イーオンの特徴
  • 臨場感の味わえる通学型スクール
  • 必要なスキルに合わせて選べる4種類のレッスン
  • 概念学習と体験学習を通じて学ぶ独自のメソッド
  • モチベーションを維持できる30段階評価
  • アプリなどでも学べる専用ツールあり

>イーオンの詳細を見る

イーオンは、通学することで臨場感や雰囲気を味わいながら学習し実践できるのが大きな特徴です。

また、基礎と実践を繰り返すことでより短時間で効果的にスキルを身に付けられる独自のメソッドで学習できます。

そんなイーオンで、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースはたくさんあり、ビジネス英会話を学べる講座・コースの料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名英会話ビジネスコース英会話ビジネス応用A6英会話ビジネスマスターA3ビジネス英会話プライベートレッスン
学習期間12ヶ月8ヶ月12ヶ月12ヶ月
コース概要少人数制でビジネス英語を学ぶ少人数制でビジネス英語を学ぶ読む・聞く・話す・書くをまんべんなくトレーニングマンツーマンレッスンでビジネス英会話を学べる
入学金32,400円32,400円32,400円32,400円
受講料524,880円401,328円567,972円644,328円
システム管理費864円/月864円/月864円/月864円/月
副教材費未公表未公表未公表未公表
給付金額100,000円100,000円100,000円100,000円
実質負担額受講期間による受講期間による受講期間による受講期間による
詳細公式サイトで詳細を見る
給付制度対象コースは、学習期間や料金、内容などで様々なものの中から選ぶことができ、修了後に最大10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、イーオンは「オンラインではなく教室で直に講師から学びたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/イーオン(公式サイト)へ

TORAIZ(トライズ)


トライズ

トライズ

トライズ」は、圧倒的な学習量と継続率91.7%の高品質な学習プログラムで英語初級者でも1年で上級者になれるよう指導してくれるオンラインスクールです。

トライズの特徴
  • 週3回の定期レッスン+受け放題のフリートーク・グループレッスン
  • 受講者専属のコンサルタント/コーチ(一覧を見る)
  • VERSANT47点までスコアアップ保証
  • レッスン振替制度あり(最大12回まで)
  • 1ヶ月間全額返金保証
  • 途中解約保証あり

>トライズの詳細を見る

トライズは、週3回のプライベートレッスンの他に1回50分のフリートーク・グループレッスンが受け放題です。

自分のペースでどんどんスキルアップを目指すことができます。

また、受講者専属コンサルタントの下、英語が話せるようになるために必要だと言われている1,000時間の学習を1年で行えるよう指導してくれます。

そんなトライズで、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は次の通りです。

>教育訓練給付制度の詳細はこちら

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名英語コーチング本科
受講期間6ヶ月
12ヶ月
受講料6ヶ月:607,300円~
12ヶ月:986,100円~
※レッスン回数等で変動あり
給付金額100,000円(詳細はこちら)
実質負担額6ヶ月:597,300円~
12ヶ月:886,100円~
詳細公式サイトで詳細を見る

英語コーチング本科」で教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

トライズは例えば「時間の空いた時にも学習できる環境が欲しい」と考える方におすすめです。

トライズトライズ

\詳細は下記をチェック/トライズ(公式サイト)へ

>卒業生の声はこちら

ワンナップ英会話

ワンナップ英会話」は、一般的なスクールよりも25%長いレッスン時間と日本人講師による分かりやすい英文法の解説で、顧客満足度98%を誇るオンラインスクールです。

ワンナップ英会話の特徴
  • 他と比べて安価な料金設定
  • 1回あたりのレッスン時間が長めの50分
  • 英会話力の基礎となる文法は日本人講師が分かりやすく解説
  • 自宅学習までコーディネートし支援するコーチングサービス
  • 他の受講生と交流を図れるイベントを実施
  • 受講は教室とオンラインから選べる

>ワンナップ英会話の詳細を見る

ワンナップ英会話は、他のスクールと比べて年間10~20万円安い安価な料金設定が特徴です。

一方で、レッスン時間は長めの50分/回なのでしっかりと学ぶことができ、英会話の基礎となる文法も分かりやすく解説してくれます。

そんなワンナップ英会話で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名レギュラーマンツーマン70回コースレギュラーコーチングプログラムハイブリッドコーチングプログラム50回コース
コース概要マンツーマンレッスンのみコーチングのみマンツーマンレッスン+コーチング
受講期間12ヶ月3ヶ月10ヶ月
入学金33,000円33,000円33,000円
受講料519,750円297,000円662,750円
教材費8,800円8,800円8,800円
カリキュラム作成費5,500円5,500円5,500円
実質負担額419,750円237,600円562,750円
詳細公式サイトを見る
ワンナップ英会話では、「マンツーマンレッスンのみ」と「コーチングのみ」、「マンツーマンレッスン+コーチング」の3つのコースが教育訓練給付金制度の対象となっているため、自分のレベルや目標に応じて選ぶことができます。

以上のことから、ワンナップ英会話は例えば「できるだけ安く、でもしっかりと英会話力をあげたい」と考える方におすすめです。

ワンナップ英会話

【最大7万円】春得キャンペーン中(4月1日~4月30日)
>キャンペーン詳細はこちら

\詳細は下記をチェック/ワンナップ英会話(公式サイト)へ

Liberty English Academy(リバティ)

Liberty English(リバティ)は、英語を無理やり日本語で置き換え学んできたことをリセットし、一から本物の英語を学べるスクールです。

Liberty English Academy(リバティ)の特徴
  • 教養あるエリート層が身につけている英語を独自メソッドで学べる
  • 最短かつ確実に高い英語力を身に付けられる
  • 英語に対する苦手意識を克服できる学習方法
  • 海外のスクールへの留学サポートあり

>Liberty English Academyの詳細を見る

Liberty English Academy(リバティ)は、大学/大学院レベルの英語を分かりやすく体系化した独自メソッドで、「教養あるエリート層の英語」と同じ英語脳になるよう教えてくれます。
また、メソッドは英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、高い英語力を最短距離で身に付けることができます。

そんなLiberty English Academy(リバティ)で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名TOEFLコースベーシックプランIELTSコースベーシックプランTOEICコースベーシックプラン
コース概要TOEFL iBT 100点レベルまで引き上げるIELTS 7.0レベルまで引き上げるTOEIC 900点レベルまで引き上げる
受講回数48回48回48回
入学金55,000円55,000円55,000円
受講料576,000円576,000円576,000円
給付金額100,000円100,000円100,000円
実質負担額476,000円476,000円476,000円
詳細コースの詳細を見る(公式)
Liberty English Academy(リバティ)の給付制度対象プランは、受験したい英語能力テストによって3つのコースから選ぶことができ、どれもコース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、Liberty English Academy(リバティ)は「教養のある人が使うような英語を学びたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/Liberty English Academy(公式)を見る

PROGRIT(プログリット)

オンライン訴求専用LP

PROGRIT(プログリット)は、「どうやっても英語力が伸びない」と悩んでいる方に生活習慣まで踏み込んだ”サボらせない”コーチングで学習を習慣化してくれるオンラインスクールです。

PROGRIT(プログリット)の特徴
  • 英語学習に必要な全てをスマホアプリで提供
  • 忙しくても学習時間を捻出できるようコーチング
  • 受講者一人一人に合わせた専用カリキュラム
  • いつでもチャットで学習をフォロー
  • 30日間全額返金保証

>PROGRITの詳細を見る

PROGRITは、学習からコンサルトへの連絡まですべてをスマホで完結できるアプリを提供してくれます。

また、「さぼらせないコーチング」で生活習慣まで踏み込んだ形で学習時間の確保をサポートしてくれます。

そんなPROGRIT(プログリット)で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名ビジネス英会話コース
受講期間・回数2ヶ月
3ヶ月
6ヶ月
入学金55,000円
受講料2ヶ月:380,600円
3ヶ月:544,500円
6ヶ月:1,069,200円
給付金額100,000円
実質負担額2ヶ月:335,600円
3ヶ月:499,500円
6ヶ月:1,024,200円
詳細公式サイトで詳細を見る

ビジネス英会話コースで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、PROGRIT(プログリット)は例えば「忙しくても学習時間が取れるようサポートしてほしい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/プログリット(公式サイト)を見る

ライザップイングリッシュ

RIZAP ENGLISH ONE

ライザップイングリッシュは、プライベートトレーニングジムで有名なライザップグループが提供している「短期間で英語力アップをコミットしてくれる」スクールです。

ライザップイングリッシュの主な特徴は、次の通りです。

ライザップイングリッシュの特徴
  • 受講者のレッスン満足度、専属トレーナー満足度98%
  • 個別のオーダーメイドカリキュラム
  • 短期集中型のオンラインスクール
  • 圧倒的なアプトプット量
  • 学習効率を徹底的に追求した環境を提供
  • 30日間全額返金保証

>ライザップイングリッシュの詳細を見る

ライザップイングリッシュは、受講者一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムを作成します。

「講義受講型のインプット」よりも「話す・書くといったアウトプット」重視のスタイルで学習できるため、短期間で効率的にスキルアップを見込めます。

また、ライザップイングリッシュは完全個室のレッスンルームや英語力スコア化ツールの提供など、学習環境にもこだわっているスクールです。

そんなライザップイングリッシュで、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名英会話コース
受講期間・回数3ヶ月・24回
4ヶ月・32回
入学金55,000円
受講料3ヶ月:580,800円
4ヶ月:723,800円
給付金額100,000円
実質負担額3ヶ月:535,800円
4ヶ月:678,800円
詳細公式サイトで詳細を見る
英会話コースで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、ライザップイングリッシュは例えば「評判や口コミ評価の高いオンライン英会話を受講したい」と考える人におすすめです。

ライザップイングリッシュ

\詳細は下記をチェック/RIZAP ENGLISH(公式サイト)

MeRISE(ミライズ)英会話


MeRISE(ミライズ)英会話

MeRISE(ミライズ)英会話

MeRISE(ミライズ)英会話は、英語を好きになれるきっかけを与えることをコンセプトに、スモールゴールの積み重ねでスキルアップを目指すオンラインスクールです。

MeRISE(ミライズ)英会話の特徴
  • 発音などの小さな達成感から英語好きを目指す
  • 頭よりも感覚で分かるを目指すスタイル
  • ネイティブ発音が身につく発音学習を組み込んでいる
  • グループレッスンで実戦形式の学習
  • レッスン・サポート・トレーナーの満足度が約98%

>MeRISE英会話の詳細を見る

MeRISEミライズ英会話は、英語を「勉強する」ではなく「好きになる」ことで話せるようになるのを目指し、発音などのスモールゴールの積み重ねで受講者自らが率先して学習する状況になるようサポートしてくれるのが特徴です。

無料オプションのグループレッスンでは、最大6人でトピックに合わせたレッスンに仲間と一緒に取り組みます。

そんなMeRISEミライズ英会話で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名スタンダードプラン
受講期間・回数6ヶ月
12ヶ月
入学金33,000円
受講料6ヶ月:181,500円
12ヶ月:330,000円
給付金額6ヶ月:42,900円
12ヶ月:72,600円
実質負担額3ヶ月:171,600円
4ヶ月:290,400円
詳細公式サイトを見る
スタンダードプランで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で最大72,600円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、MeRISEミライズ英会話は例えば「英語が苦手だけど話せるようになりたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/MeRISE英会話(公式サイト)へ

GABA(ガバ)

GABAマンツーマン英会話GABAマンツーマン英会話

GABA(ガバ)」は、創業27年の実績と経験から完全マンツーマンで実践的な英会話レッスンをしてくれるオンラインスクールです。

GABA(ガバ)の特徴
  • マンツーマンでたっぷり話せるレッスン
  • 急な予約でもOKの柔軟な予約システム
  • 隙間時間で学べる豊富な専用学習サイト

>GABAマンツーマン英会話の詳細を見る

GABA(ガバ)は、完全マンツーマンレッスンのスタイルで、たっぷり話すことで短期間での上達を促してくれます。

また、急な予約や教室/オンラインの選択もOKで、柔軟な予約システムも特徴の一つです。

そんなGABA(ガバ)で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名一般教育訓練給付制度対象プラン
受講期間・回数12ヶ月・75回
入学金未公表
受講料594,000円
カリキュラム(テキスト)代未公表
給付金額100,000円
実質負担額494,000円
詳細公式サイトを見る
一般教育訓練給付制度対象プランで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、GABA(ガバ)は例えば「少し長いスパンでじっくりと英会話力を上げたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/GABAマンツーマン英会話(公式サイト)を見る

日米英語学院

オンライン英会話_教育訓練給付金おすすめ_日米英語学院

画像引用元:日米英語学院

日米英語学院は、1985年設立の歴史があり、これまでに約5万人の生徒が学習した実績を持つ安心感のあるスクールです。

日米英語学院の特徴
  • グループレッスンとプライベートレッスンを選べる
  • 教室とオンラインを選べる
  • 給付金制度対象のコースが豊富
  • 厳しい審査を通過したハイレベルな講師
日米英語学院は、グループレッスンとプライベートレッスン、教室とオンラインのどちらで受講するかを選べるのが特徴の一つです。
また、教育訓練給付金制度対象のコースがビジネス英会話に関するコースだけで4つと豊富なのもうれしい特徴です。

そんな日米英語学院で、教育訓練給付金制度の対象となりビジネス英会話を学べる講座・コースの料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名英会話ビジネスコースA英会話ビジネスコースA中級ビジネス英会話コース実践ビジネス英会話コース
学習期間6ヶ月12ヶ月12ヶ月12ヶ月
コース概要基本的なビジネス英語を学ぶコース基本的なビジネス英語を学ぶコースビジネスに必要な会話力や文書作成能力を養うコース総合的なビジネス英会話コース
総経費394,900円394,900円418,660円474,100円
給付金額78,980円78,980円83,732円94,820円
実質負担額315,920円315,920円334,928円379,280円
給付制度対象コースは、学習期間や料金、内容などで様々なものの中から選ぶことができ、修了後に最大10万円弱の給付金を貰うことができます。

以上のことから、日米英語学院は「状況によって教室とオンラインを使い分けてじっくり受講したい」と考える方におすすめです。

スパルタ英会話

スパルタ英会話スパルタ英会話

スパルタ英会話」は、目的に合ったオーダーメイドカリキュラムで学習でき、短期間で英会話力向上を目指せるスクールです。

スパルタ英会話の特徴
  • まずは英語を学ぶ目的を明確にヒアリング
  • 個々の目的に合った形のカリキュラムで学習
  • 覚えたことをすぐに実践できる受け放題のレッスン
  • インプットとアウトプットのバランスを重視
  • 覚えて練習して実践するを繰り返す学習法

>スパルタ英会話の詳細を見る

スパルタ英会話は、個々の目的をまずはしっかりと確認し、最適なカリキュラムに沿って学習していくのが特徴です。
また、自己学習で覚えたことをすぐに実践できるよう、レッスンが受け放題なのもうれしいポイントです。

そんなスパルタ英会話で、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名一般教育訓練給付制度対象プラン-通学&オンライン一般教育訓練給付制度対象プラン-オンラインのみ
受講期間2ヶ月
3ヶ月
4ヶ月
2ヶ月
3ヶ月
4ヶ月
費用合計2ヶ月:437,800円
3ヶ月:594,000円
4ヶ月:729,000円
2ヶ月:399,520円
3ヶ月:540,100円
4ヶ月:661,600円
給付金額2ヶ月:87,560円
3ヶ月:100,000円
4ヶ月:100,000円
2ヶ月:79,904円
3ヶ月:100,000円
4ヶ月:100,000円
実質負担額2ヶ月:350,240円
3ヶ月:494,000円
4ヶ月:629,000円
2ヶ月:319,616円
3ヶ月:440,100円
4ヶ月:561,600円
詳細公式サイトで詳細を見る
給付制度対象プランで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で最大10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、スパルタ英会話は例えば「短期間で集中的に費用も抑えながら学びたい」と考える方におすすめです。

\詳細は下記をチェック/スパルタ英会話(公式サイト)へ

イングリッシュカンパニー

オンライン英会話_教育訓練給付金おすすめ_イングリッシュカンパニー

画像引用元:イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーは、独学よりも3.8倍学習効果の出る独自メソッドをウリにする超効率的な高密度学習のオンラインスクールです。

イングリッシュカンパニーの特徴
  • 1日1~1.5時間と他より短い学習時間
  • 言語習得の専門家がトレーナーとして付く
  • 個々の弱点を正確に見極め最短ルートを見つける
  • パーソナルトレーナーが自宅学習の習慣化をサポート
  • 30日間返金保証あり
イングリッシュカンパニーは、学習上の無駄を徹底的に排除したカリキュラムで最短距離でのゴールを目指します。

実現するのは言語習得の専門家で指導経験も豊富なパーソナルトレーナーで、日々のトレーニングから自己学習まで徹底的にサポートしてくれます。

そんなイングリッシュカンパニーで、教育訓練給付金制度の対象となる講座・コースとその料金、実質負担額は、次の通りです。

項目給付金制度対象座・コース
講座・コース名90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコース
受講期間・回数3ヶ月
入学金55,000円
受講料561,000円
給付金額100,000円
実質負担額516,000円
90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコースで教育訓練給付金制度を利用すると、コース修了で10万円の給付金を貰うことができます。

以上のことから、イングリッシュカンパニーは例えば「できるだけ効率よく短時間で英会話力を向上させたい」と考える方におすすめです。

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度を使うにはまずは問い合わせ

教育訓練給付金制度を使った受講の仕方は、オンライン英会話スクールによって異なることがあります。

また、実際にスクールへ確認してみたいこともあるでしょう。

そこでここでは、ライザップイングリッシュの教育訓練給付金問い合わせ手順を解説します。

  1. 手順1:公式サイトの「無料カウンセリング」をタップRIZAP ENGLISH無料カウンセリング申込み手順
  2. 手順2:必要事項を入力RIZAP ENGLISH無料カウンセリング申込み手順
  3. 手順3:「次へ」をタップRIZAP ENGLISH無料カウンセリング申込み手順
  4. 手順4:入力内容を確認して「送信」をタップRIZAP ENGLISH無料カウンセリング申込み手順

\詳細は下記をチェック/RIZAP ENGLISH(公式サイト)へ

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度のあるオンライン英会話まとめ

記事のまとめ
以上、教育訓練給付金制度のあるオンライン英会話スクールについて解説しました。

教育訓練給付金制度のあるオンライン英会話おすすめ

スクール概要
ベルリッツ
ベルリッツ
語学学校として140年以上の実績があり「本物の英語力」が身につく
>解説を見る
ECC外語学院ロゴECC外語学院「引き出す」をコンセプトに受講者が自ら発信する力を身に付けられるような独自メソッドで自信と会話力をUP

>解説を見る
イーオン ロゴイーオン通学することで臨場感や雰囲気を味わいながら学習し実践

>解説を見る
TORAIZ
トライズ
科学的に基づいた学習方で効率的に学べる。専属コンサルタントあり

>解説を見る
ワンナップ英会話 ロゴ
ワンナップ英会話
初心者のレベルアップに必要なサポートが充実

解説を見る

\もう一度確認/補助金対象のおすすめスクールを見る

教育訓練給付金制度は、給付金額が高い一方で利用のハードルが低いので、積極的に活用したい制度の一つです。
ただし、制度の指定を受けた講座・コースに利用は限られ、支給要件を満たしている必要があるなどいくつかポイントや注意点があるので、事前にしっかりと把握しておくことが重要です。

ここで紹介したおすすめ13選のオンライン英会話スクールは、どれも特徴があって学習効果の高いものばかりです。

もし気になったスクールがあった場合には、まずは気軽に問い合わせをしてみましょう。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
くらべて英会話の専属ライター。学生時代は英語が大の苦手だったが、なぜかやたら外国の方から話しかけられるため、習得を決意し現在努力中。苦手な人視点で、読む人の役に立つような解説ができればと思っています。よろしくお願いいたします。