イベント・セミナー

eKYC(オンライン本人確認)

事例3選!シェアリング業界における本人確認導入の必要性

シェアリング・エコノミーの市場規模の拡大に伴い、ユーザーからの信頼を得るためよりセキュリティの高い本人確認が求められています。
一方で、本人確認を自社の業務に組み込むのはフロー構築やシステム連携など、ハードルが高いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、100社以上の本人確認の導入実績を持つ株式会社ネクスウェイと共催し、eKYC導入によるサービス提供事業者、エンドユーザーのメリットを実際のユースケースを交えてご紹介します。


このような方におすすめ ・本人確認をオンライン化する仕組みを検討中の方
・コストやセキュリティ観点など、eKYC導入のメリット/デメリットを知りたい方
・シェアリング業界など他社事例を知りたい方



メインスピーカー

出口 勇迅
株式会社ネクスウェイ 
本人確認ソリューションG

広告代理店勤務の後、2016年株式会社ネクスウェイ入社。販促支援ソリューションの営業職として従事後、同社での本人確認サービス立ち上げ時からソリューション提案業務に従事。現在は40社のクライアントを担当するほか、サービスアライアンス担当として活動している。

氣田 康広
SaaS事業本部 営業部

株式会社ショーケースにて、金融企業を犯収法改正時から、ビジネスリードとしてeKYCの商品開発・企画・ビジネス戦略策定に携わる。銀行・クレジットカード・保険・証券等の金融企業のWEB全般課題へのソリューション提供の経験を生かし、現在はeKYCや認証技術の必要性を広める活動を行っている。




開催概要

開催日 2022年10月12日(水)
開催場所 15:00~16:00
参加費 無料
開催場所 Zoomでのオンライン会場
※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。
定員数 50人
※定員になり次第、〆切となります。

お申込み