プレスリリース

  • HOME
  • プレスリリース
  • オンライン本人確認/eKYCシステムをシンプルで汎用性の高いセルフィー式顔認証システムとして発売開始、ProTech ID Checkerは今後シリーズ化を推進

2020年04月22日

オンライン本人確認/eKYCシステムをシンプルで汎用性の高いセルフィー式顔認証システムとして発売開始、ProTech ID Checkerは今後シリーズ化を推進

2020年4月22日


当社は、自社で開発・提供するオンライン本人確認/e-KYCシステム「ProTech ID Checker」の新たなシリーズとして、オペレーションがより簡易的になった顔認証システム「ProTech ID Checker Type S」を2020年5月中に提供開始することを発表いたします。

当社は2019年10月に犯罪収益移転防止法に準拠したオンライン本人確認/e-KYCシステム「ProTech ID Checker」の提供を開始し、厳しい検証プロセスに基づいたネットワーク・セキュリティを有する金融機関にも導入され高い安全性が保証されたサービスとして金融業界を始め、個人情報登録を扱う多くの企業から注目を集めております。
今回提供する新サービス「ProTech ID Checker Type S」は、当社のノウハウ、蓄積した技術を基に、手軽で安全なお取引が可能となる顔認証システムです。
ユーザー側は、運転免許証を手に持ちスマートフォンで1回自撮りをするシンプルな操作で完了します。導入企業側は、認証ページに指定タグを追記するだけでスピーディーな手続きで開発にかける、コスト、時間をかけず安価にAIと連携した顔認証システムを導入できます。

ProTech ID Checker TypeS

想定されるニーズとして
・ハイリスクなWeb取引時のセキュリティの強化
受付完了ページ前に顔認証システムを追加することによりセキュリティを強化できます。

・SMSワンタイムパスワードの本人確認認証を強化
デバイスの盗難などによる「なりすまし」を防止するため、SMSワンタイムパスワードの表示前に顔認証システムを追加することによりセキュリティを強化できます。

そのほか、決済利用時に不正検知をした際の認証や遊園地、映画館など娯楽施設や商業施設の入場パス購入時の認証等、ユーザー毎に限定的サービスを提供するソリューションが実現できます。

世界の顔認証市場は、2019年から2024年にかけて16.6%のCAGR(年平均成長率)で推移し、2019年では32億米ドル、2024年には70億米ドル規模の市場に成長すると予測されています。市場成長の主な要因として、監視体制強化の必要性の高まりが挙げられます。地域別ではアジア太平洋地域での急速な市場成長が期待されています。(参照:「世界の市場調査レポート-GII」株式会社グローバルインフォメーション)
当社は、今後非対面取引における認証システムを「ProTech ID Checker」シリーズとして拡充を目指してまいります。

■Protech ID Checker Type Sについて

サービス詳細、価格については当社までお問い合わせください
サービスURL:https://ekyc.showcase-tv.com/id-checker-type-s/

■ProTech ID Checkerについて

オンライン本人確認/e-KYCシステム
・改正後の「犯罪収益移転防止法」に対応
 第6条第1項第1号ホ(顧客などの本人特定事項の確認方法)
・特許出願中サービス
 出願番号:特顔2019-179794
 発明名称:本人確認システム、オペレータ端末及び本人確認システムプログラム
・サービスURL:https://ekyc.showcase-tv.com/id-checker/

本件に関するお問い合わせ先

営業本部 TEL:03-5575-5108

報道機関からのお問い合わせ

株式会社ショーケース 経営企画部
TEL:03-5575-5102
E-mail:info@showcase-tv.com