Tech Teacherの評判|小学生から社会人向けのプログラミングの家庭教師を解説

  • 2022年9月21日
Tech Teacherの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!評判は?

プログラミングスクールのTech Teacher

「プログラミング学習を始めたいけれど挫折しないか心配」

「高額なスクール代を無駄にしたくない」

このような悩みを持つ人には、プログラミング家庭教師サービスのTech Teacherがおすすめです。

相性の良い専任教師によるマンツーマン指導でオーダーメイドカリキュラムを作成してくれるため、学習したい内容に集中し、きめ細かい指導を受けることができます。

料金は授業を受けた分だけ後払いすれば良いシステムなので安心です。

本記事を読んで是非スクール選びの参考にしてください。

Tech Teacherのポイント
  • 生徒に合ったオーダーメイドカリキュラム
  • 専任教師によるマンツーマン指導
  • 受けた分だけ後払いシステムを採用

\詳細は下記をチェック/Tech Teacher(公式サイト)を見る

トップ画像引用元:プログラミング学習を家庭教師と | Tech Teacher(テックティーチャー)

Tech Teacherの特徴

Tech Teacherの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!評判は?

画像引用元:プログラミング学習を家庭教師と | Tech Teacher(テックティーチャー)

Tech Teacherは採用率20%を通過した厳選されたプログラミング教師による家庭教師サービスです。

自宅での対面指導はもちろん、オンライン受講やカフェなど自分の好きな場所で受講が可能な点が魅力です。

ここでは他社にないTech Teacherならではの特徴を3つ解説します。

Tech Teacherの特徴
  • 一人一人に合ったオーダーメイドカリキュラム
  • 専任教師によるマンツーマン指導
  • 「受けた分だけ」の後払いシステム

一人一人に合ったオーダーメイドカリキュラム

Tech Teacherの学習カリキュラムは、生徒一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムが採用されています。

専任教師が生徒の目標や学習進度を踏まえた上で、生徒に最も適した内容やレベル・スピードの学習カリキュラムを作成。

そのため一般的なスクールで漠然と固定のカリキュラムを学ぶより、目標に沿った学習内容をきめ細かく効率的な指導のもと学習が可能です。

授業時間や学習スパンの調整も柔軟に対応できるため、学業や生活とのバランスを調整しやすい点もポイントです。

目標に合わせた学習を自分のペースで継続できるため、プログラミングやデザインなど希望するスキルを着実に身に付けることができます。

専任講師によるマンツーマン指導

Tech Teacherでは生徒一人につき専任の教師が一人付き、完全マンツーマンでの指導を行っています。

生徒と教師はいわば二人三脚で学習のゴールを目指す必要があるため、相性の良し悪しは非常に大切です。

Tech Teacherでは両者のマッチングにもこだわりを持っており、生徒自身の目的や理想の教師像をヒアリングした後に、以下の工程を実施しています。

①教師による立候補→②書類選考→③面接→④模擬授業実施→⑤体験授業実施

上記の段階を経た上で最適な教師を提案して貰えるためミスマッチが起こりにくく、学習を挫折しづらい体制になっています。

60分の無料体験授業で教師との相性を確認し、もし合わないと思ったら、理想の教師が見つかるまで何回でも体験授業を受講可能なため万が一の際も安心です。

業界トップレベルの教師は1,000人在籍しており、幅広いニーズに対応可能です。

実力や人柄、生徒との相性を兼ね備えた教師だからこそ、わかりやすい授業と適切な管理・指導で生徒のモチベーションを維持しながら理想のスキルを高めることができます。

「受けた分だけ」の後払いシステム

プログラミングスクールの多くは月謝制や多額の初期投資が必要になることが多いですが、Tech Teacherは「授業を受けた分だけ」後払いの仕組みのため安心です。

もちろん教材販売などの営業行為も禁止されており、集中して授業に取り組むことができます。

授業のスケジュール調整もしやすいため、「個人的な予定とスクールが重なり振替できない分の授業料が水の泡になってしまった」という後悔もありません。

受験勉強や部活動の大会、習い事に集中したいなどイレギュラーな場面でも柔軟な対応が可能です。

以上からTech Teacherであれば、どこよりも気軽にプログラミング学習をスタートできる点が魅力です。

Tech Teacherのコース・料金

Tech Teacherのコース内容や料金の実態は?オーダーメイドって実際どうなの?

画像引用元:コース|Tech Teacher(テックティーチャー)プログラミングの家庭教師

スクール名Tech Teacher
対象年齢幼児〜社会人
受講期間1ヶ月〜
入学金22,000円
授業料3,960円/30分
授業回数自由に設定可能
コース完全オーダーメイド
・ゲーム/ロボット学習
・プログラミング
・デザイン
・AI
・データサイエンス
・統計
・OA
など豊富な学習内容
サポートオプションでチャットサポート有り(54,780円/月)
備考※別途必要料金
・講師交通費
・教材代実費負担分

Tech Teacherは一人一人に合った完全オーダーメイドカリキュラムに沿って学習を進めるため、特定のコースや決まったカリキュラムの設定はありません。

目標が明確な方であれば学習内容や方向性を容易に設定できますが、実際は漠然とプログラミングやデザインを学びたいけれど何から始めれば良いかわからないケースが多いです。

そこで学年ごとに推奨されるレベルの学習内容をまとめた以下のような模範となるコースが設定されています。

目的別Tech Teacherのコース内容
  • 幼児向けコース
  • 小学生向けコース
  • 中学生向けコース
  • 高校生向けコース
  • 大学生向けコース
  • 社会人向けコース

上記のコースはあくまでも推奨の学習内容であり、生徒の興味やレベルに合わせて自由にカスタムしオーダーメイドカリキュラムに変えていくことができます。

以下に各コースの内容や学習イメージをご紹介するので、どんな流れで学習すればスムーズにスキルアップできるかの参考にしてください。

幼児向けコース

幼児向けコースでは義務教育が始まる小学生になるプレコースとして、プログラミング的思考や問題解決能力を育むのに優れています。

プログラミングのおもちゃやロボット、ゲームなどを通して楽しく自由な学習を実現できます。

小学生向けコース

プログラミング初心者の小学生にはマインクラフトなどのゲームを使って楽しくプログラミング学習を始めるのがおすすめです。

経験者や好奇心が強い子にはサイト制作などもできる本格的なプログラミング言語やデザインソフト、AIなど興味やレベルに合わせた豊富な教材が用意されています。

中学生向けコース

中学生向けコースでは理解力がより高まった中学生向けにより発展的な学習を選ぶことも可能です。

中学生ながらにアプリ開発やゲーム開発に取り組む生徒も受講しており、早くからプログラミングを学習しておくことで視野が広がり将来の可能性も広がります。

高校生向けコース

高校生向けコースでは興味のある分野をより深く学び、実践的な学習ができます。

C言語やアプリ開発など大人顔負けの実践的なスキルを習得する生徒も珍しくなく、将来の進学や就職でも有利になります。

大学生向けコース

大学生向けコースではIT系の学科生が技術をさらに磨く場になるのはもちろん、専門外の生徒でもIT人材としての価値を高められるチャンスです。

Python、C言語、R講座などの講座が人気です。

社会人向けコース

社会人向けコースは会社で利用するソフトやツールの学習から、趣味や副業としてのスキルの習得まで幅広く対応しています。

プログラミング学習を始めデザイン、AI、統計、データサイエンスなど様々な教材が用意されています。

上記コースの他にも以下のような目的別や言語別のコースが多数設定されており、自分の希望するイメージと学習内容を照らし合わせて学習内容を決めていくことがあります。

専任教師と相談しながら、初めての方でも学習プランを立てやすくなっています。

目的別Tech Teacherのコース内容
  • データサイエンスコース
  • WEB開発コース
  • スマホアプリ開発コース
  • IT資格コース
言語・ツール別Tech Teacherのコース内容
  • プログラミング言語・技術コース
  • デザインツールコース
  • OA・ITコース
  • IT資格コース

Tech Teacherの良い評判・口コミ~メリット

良い口コミ・評判

ここからはTech Teacherの良い評判を紹介していきます。

Tech Teacherは開始して間もないサービスのため、インターネット上の口コミは見つかりませんでした。

口コミは見つかりませんでしたが、Tech Teacherには以下のようなメリットがあります。

Tech Teacherは何といっても幅広い対応言語とオーダーメイドカリキュラムが魅力です。

自分のやりたいこと、目標に沿ったカリキュラムをプロの教師が作成してくれるため、利用者は安心して学習に集中できます。

オプションのチャットサポートを利用すれば授業時間外にも教師へ質問でき、時間を有効に使って効率的に学習が進みます。

Tech Teacherの悪い評判・口コミ~デメリット

悪い口コミ・評判

ここでは、Tech Teacherの悪い評判や口コミを紹介します。

ただTech Teacherはサービス開始から間もないため、インターネット上の悪い口コミは見つかりませんでした。

そこで代わりにTech Teacherを利用するにあたってのデメリットをいくつかご紹介します。

入会金が22,000円かかる~ただし1家族1回のみ

Tech Teacherは授業料後払いシステムのため、入会時には入学金22,000円が必要です。

ただし月謝制ではないため入会時に数ヶ月分の授業料を支払ったり、高額な教材を購入したりといった追加の費用はかかりません。

入学金は1家族につき1回の支払いをしておけば良い決まりとなっており、利用者の家族が追加で入会する場合には入学金を別途支払う必要はありません。

生徒同士の繋がりは基本的にない

Tech Teacherは専任教師によるマンツーマン指導のため、教師を独占して隅々まで行き届いた指導を受けることができます。

つまり集団で授業を受けることは基本的にないため、生徒同士で刺激し合ったり、友達と一緒にスクールに通いたい方にはあまり向いていません。

裏を返せば自分のペースで学習を進めたい、思う存分に質問してしっかり実力を付けたい、目標に沿った学習を効率的に進めたい方にはぴったりのスクールといえます。

▲目次に戻る

Tech Teacherの申し込み手順

申し込み手順
それでは最後に、無料体験の内容を解説します。

Tech Teacherではより本当の授業に近い感覚を味わってもらうために、無料体験授業を実施しています。

公式ホームページの申し込みフォームから問い合わせを行ったのちに希望する教師像のヒアリングを実施し、最適な教師による無料体験授業を受けることができます。

無料体験授業を受講するメリットは、下記の3つとなります。

無料体験授業を受講するメリット
  • たっぷり70分の授業でレベルに合わせた指導を体験
  • 教師との相性をじっくり確認できる
  • 教師の交通費なども完全無料

無料体験授業では現在の学習状況や今後の目標を担当教師がしっかりとヒアリングし、生徒のレベルに合わせたプログラミング・デザインなどの実際の指導を受けることが可能です。

無料体験授業を受けただけでは積極的な勧誘はなく、入学を迷っている方も気軽に申し込むことができます。

以下、Tech Teacherの無料体験申込み手順です。

手順1:公式サイトの「資料請求・無料体験に申し込む」をタップ

TechTeacher申込み手順

手順2:資料請求の方は「資料請求」を選択してその他の項目を記入

TechTeacher申込み手順

手順3:無料体験の方は「無料体験」を選択してその他の項目を記入

TechTeacher申込み手順

手順4:「確認画面へ」をタップして画面の指示に従って申し込む

TechTeacher申込み手順

▲目次に戻る

Tech Teacherのまとめ

まとめ

本記事では、プログラミング家庭教師サービスのTech Teacherの特徴や評判について詳しく解説しました。

子供から通えるプログラミングスクールは近年増加していますが、担当教師によるマンツーマン指導やオリジナルカリキュラム、家庭やカフェでの対面指導が可能な点はTech Teacher独自の魅力です。

Tech Teacherのポイント
  • 生徒に合ったオーダーメイドカリキュラム
  • 専任教師によるマンツーマン指導
  • 受けた分だけ後払いシステムを採用

\詳細は下記をチェック/Tech Teacher(公式サイト)を見る

授業を受けた分だけ後払いできるシステムを採用しており、入学時に高額な授業料の負担が無いだけでなく、無駄な出費を最大限に抑えることができます。

今からプログラミングを学習しておけばデジタル思考やITリテラシーが高い人材になれ、社会に出た後も多いに役立ちます。

小学生から社会人まで網羅したレベルに対応しているので、習得できるスキルの可能性は無限大です。

興味がある方はまず無料体験を受講してみるのがおすすめです。

この記事を書いた人
福岡県出身のWebライター兼機械エンジニア。美味しいものを食べることと、文章を書くことが至福の瞬間。直近の目標は、フリーのWebライターとして生計を立てて独立すること。国内外の旅行が大好きで、将来は世界196ヵ国を旅してみたいと思っている。