CLIENT CASE STUDIES

導入事例

事例を探す

  • サービスから探す

  • 業種から探す

  • 課題から探す

カンタンeKYCで約1週間かかっていた本人確認が即日で完結! コロナ禍のユーザ―ニーズにすばやく対応したことで業績が回復

株式会社リアルスタンダード  藤本 実加さん

  • 導入サービス

    ID Checker

  • 業種

  • 課題

買取専門リユースショップ「BANSO(バンソー)」を運営する株式会社Real Standard(リアルスタンダード)

オンライン本人確認で実現させた、安心・安全な新しい宅配買取のカタチとは?
コロナ禍で外出を控えたいお客様のニーズをオンライン本人確認で解決!!

eKYCツールを導入しようと思ったきっかけは、新型コロナウイルス感染症の拡大による買取業務のオンライン化でした。
リユースショップでは宅配買取など非対面で買取を行う際に、“なりすまし”などを防ぐために本人確認を行うよう古物営業法で定められています。

 

本人確認には、本人確認資料を郵送していただくのですが「運転免許証のコピーを取りに外出する」、「住民票の写しを取りに役所に外出する」ということを、コロナ禍でお客様にお願いすることが心苦しく、オンラインで本人確認を完結したいと考えていました。

 

そこで、出会ったのがカンタンeKYCツール「ProTech ID Checker」でした。
スマホ1台で本人確認できるので、お客様が外出しなくても宅配買取を完結できるようになりました。また、通常2~7日間かかっていた本人確認が即日で終わるので、「品物を手放したい」、「現金がほしい」というお客様をお待たせしないで済むようにもなりました。

 

こうしたお客様の隠れたニーズに先回りして対応できたことで、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた業績は大きく回復することができました。

10分かかっていた作業が5分で終了!作業工数やコストも低減!

従来までは、お客様の本人確認資料は目視と指さしで確認をしていました。
「ProTech ID Checker」を利用すると、一目で全ての本人確認資料が確認でき、1クリックで認証できるので作業がスグ終わりますね。

 

従来までは本人確認時に、記載のあった住所に転送不要郵便お送りする必要がありましたが、オンライン本人確認であれば、転送不要郵便を郵送する必要がなくなるのでコストの低減にもつながったと思います。

一目でステータスが把握できる、分かりやすい管理画面!

文字の大きさがちょうど良く、管理画面が見やすいと社内でも評判です。
また、“未確認”や“未ダウンロード”などのステータスが色の違いで分かりやすいですね。
サブディスプレイで目の端に入れておくだけで、「どういう状況か?」を把握できるくらいユーザにとって親切なUIだと思います。

銀行や金融機関にも導入されている強固なセキュリティ!

お客様一人ひとりの大切な口座情報、個人情報をお預かりしているので、セキュリティは重要な選定基準の一つです。
「ProTech ID Checker」は銀行などの金融機関に導入されているくらい、セキュリティがしっかりしているので、弊社のお客様にも安全にご利用いただけると感じました。

導入は用意してもらったタグをWebサイトに貼り付けるだけ!

実際の導入は30分くらいで終わりました。
とても簡単でしたね!

 

タグを設置するだけですし、設置方法も丁寧に書いてあるので、HTMLやCSSなどの知識がない方でも40分くらいで完了できるんじゃないかと思います。
簡単に導入できるので、あまりWebに詳しくない方にもオススメできます。