Webデザインスクールの闇と現実|無駄、意味ない?悲惨な末路の回避策

Webデザインスクールは「意味ない、無駄」という声を見聞きします。ただ、Webデザインスクールでキャリアを切り開き、転職や副業、独立を成功させた人もいることから、意味ない・無駄と言う声の正しさを知っておくことは大切です。本記事はWebデザインスクールの闇と現実、無駄にしない方法などを解説します。

  • 2022年7月25日
Webデザインスクールの闇と現実

「Webデザインスクールは無駄、意味がない」という記事やコメントをよく目にします。

確かにWebデザインは専門性の高いイメージがあり、反面スクールの公式サイトには短期間での成功例などの良いことばかり書いているように見えるため、「本当に修了すれば稼げるの?」と疑問がわくのは当然です。

本記事では、WEBデザインスクールの闇と現実、WEBデザインスクールが無駄、意味ないと言われる理由と、悲惨な末路の回避策について解説します。

読むことで、WEBデザインスクールを活用するかの参考になれば幸いです。

Webデザインスクールの闇と現実
  • 挫折して成果が出なかった人が「無駄・意味ない」と言いがち
  • 独学はとても時間がかかり挫折率も高い
  • ポイントを把握して念密な下調べをすれば無駄を避けられる
  • 料金やカリキュラムが分かりづらいスクールには行ってはいけない
  • 無料カウンセリングや無料体験はぜひ活用を
  • 簡単な用語は知っておく
この記事の目次

Webデザインスクールは無駄・やめとけと言われるのはなぜ?

評判口コミ
始めに、WEBデザインスクールは無駄、やめとけと言われる理由から確認します。

WEBデザインスクールが「無駄・やめとけ」と言われる理由は、次の通りです。

無駄・やめとけと言われる理由
  • 成果が出なかった人は現実に存在する
  • 挫折した人を目の当たりにすると「無駄、やめとけ」と言いがち
  • 「独学で十分」という神話を信じている

成果が出なかった人は現実に存在する

一つ目の理由は、「スクールに通っても成果の出なかった人は現実に存在する」からです。

Webデザインスクールに通ったとしても、修了後に全員が必ず成果を出せるわけではありません。

例えば、Twitterの書き込みに次のようなものがありました。

「スクールに通えば仕事も就職もなんとかなると思ってしまっていた」という例で、このような場合には成果が出る可能性は低くなってしまいます。

この他、様々な理由からWebデザインスクールに通ったのに成果の出なかった人はおり、そうなってしまった本人や周りの人は「Webデザインスクールは無駄・やめとけ」と言ってしまいがちです。

挫折した人を目の当たりにすると「無駄、やめとけ」と言いがち

身近で「挫折した人を目の当たりにした」場合にも、「Webデザインスクールは無駄・やめとけ」と言いがちです。

挫折してしまう理由は様々考えられますが、主な理由は次の通りです。

挫折理由の例
  • Webデザインを楽しくないと感じるようになった
  • 理解がついていかない、分からない
  • 時間が取れない、取れなくなった
  • 受講料の分割払いが追い付かない

これらは、事前に「スクールで学ぶ内容」や「Webデザイナーに必要なスキル」、「学習時間の目安」、「受講料」を把握し、自分に合うかをしっかり検討すれば、防げる可能性が高いものです。

しかし中には、「自分は悪くない」という立場で周りに話す人もいるでしょう。

そして、周りの人がその人の話を聞いてしまうと、やはり「Webデザインスクールは無駄・意味がない」と言ってしまいがちです。

「独学で十分」という神話を信じている

「『独学で十分』という神話を信じている」場合にも、スクールは無駄だと感じてしまうでしょう。

昨今、Webデザインの手法に関する情報は、書籍やWebサイト、YouTubeなどで無料や安価に入手することができます。

しかも、探せば基本レベルより高度なスキルを身に付けられる内容のものもあります。

しかし、結論から言うと「独学で十分」というのはいわゆる「神話」です。

なぜなら、Webデザイナーとして活躍するためには、習得にそれぞれ時間のかかる次のような複数のスキルが必要だからです。

スキル名概要
デザインのスキルデザインの理論や原則
HTML/CSSのスキルWebサイト制作に使う言語
デザインツールのスキルPhotoshopやIllustratorをはじめとした画像加工やイラスト制作のためのツール

これらはあくまで最低限のスキルです。

それでも一つの習得には、相応の労力と時間が必要です。

すべてを独学で学習するにはとても時間がかかり、かつ挫折の可能性が高くなるので、実質独学はかなり困難なのです。

▲目次に戻る

【やめとけと言われがち】Webデザインスクールに向いていない人

フリー画像
次に、「やめとけ」と言われがちな、Webデザインスクールに向いていない人の特徴を確認します。

スクールに向いていない人の特徴は、次の通りです。

Webデザインスクールに向いていない人の特徴
  • 必ずWebデザイナーになれると思っている
  • スクールの受講料を無理して支払おうとしている
  • Webデザインのスキルがあればどうにかなるだろうと思っている
  • 副業や低い報酬では満足できない

必ずWebデザイナーになれると思っている

「スクールを受講すれば必ずWebデザイナーになれると思っている人」は、スクールに向いていません。

スクールの受講だけで必ずWebデザイナーになると思っている人は、修了しただけで仕事も就職先もやってくると思っている傾向があるからです。

つまり、自分から意欲的にスキルアップを目指したり、仕事や案件を得ようとする努力が欠けてしまって成功しないのです。

Webデザインスクールは、「修了しただけでプロとして重宝されるわけではない」のです。

スクールはあくまで「補助・サポート」の位置付けであり、Webデザイナーとして大成するかどうかは「本人次第」なことをまずは自覚する必要があります。

スクールの受講料を無理して支払おうとしている

「スクールの受講料を無理して支払おうとしている人」も、スクールに向いていません。

受講料を支払える範囲内で受講する、無理をして受講しないのが、スクール修了まで継続できるコツの一つです。

たくさんあるWebデザインスクールの中には、70~80万円もする高額なところもあります。

「有益な多くのスキルを学べるから」、「サポートが充実しているから」といっても継続できなくては無駄になってしまいますから、自分の経済事情を考慮したうえで、支払える範囲内でスクールを選びましょう。

Webデザインのスキルがあればどうにかなるだろうと思っている

「Webデザインのスキルがあればどうにかなると思っている人」も、スクールには向いていません。

Webデザイナーとして仕事を貰い続けるためには、Webデザインのスキルを身に付けただけでは足りないからです。

Webデザイナーは、企業で働く人よりもフリーランスや副業で稼ぐ人の割合が多い職業です。

職業情報提供サイト-Webデザイナー
職業情報提供サイト-Webデザイナー

画像引用元:Jobtag-Webデザイナーの就業形態

厚生労働省が提供する職業情報提供サイト「job tag」によると、Webデザイナーはフリーランスの人が64.5%と最も多いのが分かります。

フリーランスの場合には、見積もり・請求などの事務処理業務も自分でやらなければならず、別途営業活動も必要です。さらに、確定申告や消費税などの税務関連の知識も必須です。

また、副業でクラウドソーシングを利用する場合でも、案件獲得のために営業・アピールは必要で、待っているだけでは仕事は来ません。

このように、Webデザイナーは企業に就職しない限り他のスキルも必要なので、Webデザインのスキルだけで何とかなることは少ないのです。

副業や低い報酬では満足できない

「副業や低い報酬では満足できない人」も、スクールには向いていません。

Webデザイナーは高収入を得られる可能性がありますが、それには次の条件が必須です。

Webデザイナーで高収入を得るための条件
  • フリーランスで働くこと
  • JavaScriptやPHPなどのプログラミングもできること
  • 「UX/UIデザイン」などの高度なデザインができること
  • 一定年数(3年~5年)以上の経験があること

高いスキルが必要で、時間も掛かるということが分かると思います。

特に高単価な案件は「一定期間以上の経験年数を求められる」のが基本なので、Webデザイナーとして働き始めてすぐに高収入を得られるわけではないのです。

▲目次に戻る

Webデザインスクールに向いている人

プログラミング
反対に、Webデザインスクールに向いている人の特徴も見てみます。

Webデザインスクールに向いている人の特徴は、次の通りです。

Webデザインスクールに向いている人
  • 仕事はつかみ取るモノだと思って努力できる
  • できる範囲でやれることはきちんとやり遂げられる
  • 独学でWebデザインを学ぼうとしたことがある~スクールの必要性を理解している

仕事はつかみ取るモノだと思って努力できる

「仕事は自分でつかみ取るものだと思って常に努力できる人」は、スクールに向いています。

Webデザインスクールを修了しただけでは、企業に「ハイレベルでニーズを満たせる人材」とはみなされないため、仕事を自らつかみ取るための努力が必要です。

例えば、「高度のデザイン力」や「プログラミング力」を身に付けたり、デザインやツールなどのトレンドに関する情報を収集したりといったようなことです。

このように、仕事を獲得できるかどうかは自分次第と思って常に努力できる人は、Webデザインスクールに向いていると言えます。

できる範囲でやれることはきちんとやり遂げられる

「出来る範囲でやれることはきちんと自分でやり遂げられる人」も、スクールに向いています。

Webデザイナーになるために一番必要なのは、「作りたいものをイメージし『作れるようになりたい』と思って実際に作ってみること」です。

例えば、Twitterに次のような書き込みがありました。

書き込みにもあるように、Webデザイナーを目指すなら、できることは自ら進んで何度も繰り返しやってみるという意欲がとても大切です。

また、なにか問題が発生した場合の「解決力」をアップさせるにも、まずはできることをやってみるという姿勢はとても大事です。

独学でWebデザインを学ぼうとしたことがある~スクールの必要性を理解している

「独学でWebデザインを学ぼうとしたことがある人」も、スクールに向いています。

なぜなら、「スクールの必要性を理解している」からです。

一度独学での習得に失敗した経験があると、独学と比べたスクールのメリットをより強く感じることができます。

スクールのメリットを知っていれば受講意欲も上がるため、必死になって学ぶことができます。

▲目次に戻る

Webデザインスクールの闇と現実

プログラミングスクールの現実と闇
続いて、実際にあるWebデザインスクールの闇と現実を確認します。

Webデザインスクール受講で陥ってしまいがちなつらいパターンは、次の通りです。

Webデザインスクールでつらいパターン3つ
  • 挫折してローンだけが残るパターン
  • 学びたいことはこれじゃない!と気づいてしまうパターン
  • 本業や他のことが忙しすぎて計画倒れになるパターン

挫折してローンだけが残るパターン

「スクール受講の途中で挫折しローンだけが残ってしまう」のは、ぜひとも避けたいパターンです。

そもそも、Webデザインスクールを途中で挫折してしまう例としては、次のケースが考えられます。

スクール挫折の例
  • つまらない、面白くないと感じた
  • 理解がついていかない
  • 時間が取れなくなった
  • 講義内容が思ったのと違った

この他様々な理由が考えられますが、事前に「スクールのカリキュラム」や「Webデザイナーに必要なスキル」をしっかりと調べることで避けられることも多々あります。

途中で挫折すると得るものはほとんどなく、高額の支払いだけが残ってしまうため、事前の情報収集は徹底して行うようにしましょう。

学びたいことはこれじゃない!と気づいてしまうパターン

スクールに申し込みをして何度か受講してみた後で、「学びたいことはこれじゃなかった」と気付くのも、避けたいつらいパターンです。

Webデザインスクールは、「どこも同じカリキュラム」ではなく、それぞれ特徴があります。

スクールのカリキュラムの例は、次の通りです。

 パターンAパターンB
学習の仕方座学中心演習中心
講義内容基礎中心高度なスキルまで幅広く
課題の取り組み方一人一人グループ
講義内容だけでなく、学習の仕方や課題への取り組み方によっても、「思っていたのと違う」となってしまうケースはあります。

スクールによってパターンは様々なので、こちらも事前にしっかりと確認してきたいところです。

本業や他のことが忙しすぎて計画倒れになるパターン

いざ始めてみたら、「忙しくて時間が取れず計画倒れになる」のも、避けたいつらいパターンです。

原因の多くは「見通しの甘さ」で、「なんとなるだろう」と思ってやる気だけで始めてしまうことにあります。

各スクールでは「学習期間」が設定されており、また「期間中の学習時間の目安」も示されています。

Webデザインスクールの学習期間は3~6ヶ月、学習時間の目安は160~200時間程度が一般的で、仮に6ヶ月で180時間だと月30時間、週7時間くらいは必要です。

自分のスケジュールと照らし合わせ、少し余裕をもつ意味で「学習時間の目安」の1.2~1.5倍程度の時間をとれるかも、しっかりと検討しましょう。

▲目次に戻る

【行ってはいけない】こんなWebデザインスクールはやめとけ

こんなプログラミングスクールはやめとけ
Webデザインスクールの中には、「けっして行ってはいけないスクール」があり、後悔するため絶対に避けたいものです。

行ってはいけないWebデザインスクールの特徴は、次の通りです。

避けるべきWebデザインスクールの特徴
  • 授業料が法外・わかりづらい
  • 追加料金がとても多い
  • カリキュラムや学べる内容がはっきりしない

授業料が法外・わかりづらい

「授業料が法外に高い・分かりづらい」スクールは、けっして行ってはいけません。

Webデザインスクールは、10万円ちょっとで済むところから70~80万円かかるところまで、授業料の幅がとても広い傾向にあります。

一概に70~80万円かかるスクールがいけないということではありませんが、かかる授業料に見合ったカリキュラムとサポートを受けられるか、修了後に高単価な仕事をできるだけ短い時間でできるようになるか、といったことは吟味しなくてはいけません。

また、公式サイトを見ても授業料をきっちりと表示していないスクールは特に行ってはいけません。

授業料を明示していない場合、契約後に思ったよりも高かった、気付かないオプションも付けられていたといったトラブルのもとになってしまいます。

追加料金がとても多い

「追加料金がとても多い」スクールも、けっして行ってはいけません。

例えば、受講期間終了後のカリキュラムの閲覧や、フリースペースの利用、オフライン勉強会の受講などで追加料金が多い、高い場合には、結局多額の費用が掛かってしまいます。

受講料が安いことだけで申し込んでしまわず、追加でかかる可能性のある費用についてもしっかりと確認しましょう。

カリキュラムや学べる内容がはっきりしない

「カリキュラムや学べる内容がはっきりしない」スクールも、けっして行ってはいけません。

公式サイトを見ても、学べる内容が分かりづらいスクールは意外とあります。

「短時間で身に付く」、「徹底的なサポート」、「未経験からスキルが得られる」などのキャッチコピーに誘われてすぐに申し込まず、「受講することで何をどこまで学べるのか」は、事前にしっかりと把握する必要があります。

ただし、「専門用語がいっぱいで分からない」とは別で、「Photoshop」や「Illustrator」などのよく出てくる用語の意味はあらかじめ分かっておく必要があります。
▲目次に戻る

Webデザインスクールで後悔しないためにできること

プログラミングスクール受講前にできること
Webデザインスクール選びで後悔しないために、スクール選びのポイントを確認します。

後悔しないWebデザインスクール選びのポイントは、次の通りです。

後悔しないWebデザインスクール選びのポイント
  • 無料カウンセリング・無料体験を必ず受ける
  • 授業料の支払いは無理をしない
  • カリキュラムや学習内容は自分で説明できる程度の知識を身につける
  • 本業とスクールを両立できるのかしっかり吟味する

無料カウンセリング・無料体験を必ず受ける

Webデザインスクールで行っている「無料カウンセリング・無料体験」は、申込の前に必ず受けましょう。

カウンセリングでは講義の内容や受講の流れ、サポート体制について説明があり、様々な面での質問にも回答してくれます。

カウンセリングで確認したいポイントは、次の通りです。

カウンセリングで確認したいポイント
  • 追加も含めてかかる費用
  • 学べる内容やスキル
  • 学習時間の目安
  • 在籍期間
  • 修了後でも活用できるサービス
  • サポート体制・内容

また、無料体験では実際に受講してスクールの雰囲気や講義の内容を確認することができます。

無料カウンセリングや無料体験は、合わないと感じた時にやめることができ、その後の無理な勧誘もないため、申込前にはぜひ受けましょう。

授業料の支払いは無理をしない

授業料の無理な支払いは、焦りや経済的な破綻を生みかねないため、決して無理をしないようにしましょう。

Webデザイナーは、稼げるようになるまでに時間のかかりやすい職業のため、経済的にはある程度の余裕が必要です。

また、授業料が安くても優れたサービスを提供しているスクールはあります。

高額なスクールよりも、高度なスキルを身に付けられるカリキュラムや修了後のアフターサービス、転就職のサポートで見劣りするとは思いますが、それでも受講すればきっと身になるでしょう。

カリキュラムや学習内容は自分で説明できる程度の知識を身につける

Webデザインスクールのカリキュラムや学習内容にはたくさんの専門用語が出てきますが、これらがどのようなものなのか自分で説明できる程度の知識は申込前に身に付けましょう。

例えば、PhotoshopやIllustratorは画像加工やロゴ・イラスト制作のために使うAdobe社のアプリケーションで、スクールのカリキュラムではよく見られます。

これらがどのようなものか分からないということは、スクールのカリキュラムを理解できていない、どんな内容を受講できるか分からない状態だということです。

後々「学びたいのはこれじゃなかった」とならないためにも、最低限の知識を持った上で選びましょう。

本業とスクールを両立できるのかしっかり吟味する

「本業とスクールを両立できるかをしっかり吟味する」ことも、後悔しないスクール選びのポイントの一つです。

楽観的に始めて「時間がとれない」となり挫折するのは、つらいパターンです。

やはり、申し込み前には自分のスケジュールと学習時間の目安を照らし合わせ、少し余裕をもつ意味で「学習時間の目安」の1.2~1.5倍程度の時間をとれるかをしっかりと検討しましょう。

▲目次に戻る

Webデザインスクールはしっかり吟味すれば大丈夫!

まとめ
以上、WEBデザインスクールの闇と現実、「無駄、意味ない」と言われる現状と、悲惨な末路の回避策について解説しました。

Webデザインスクールの闇と現実
  • 挫折して成果が出なかった人が「無駄・意味ない」と言いがち
  • 独学はとても時間がかかり挫折率も高い
  • ポイントを把握して念密な下調べをすれば無駄を避けられる
  • 料金やカリキュラムが分かりづらいスクールには行ってはいけない
  • 無料カウンセリングや無料体験はぜひ活用を
  • ある程度の用語は知っておく

\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式サイト)を見る

スクールを受講した人すべてが成果を出せているわけではなく、また、スクールに通わず独学で学んで成功している人もいます。

そうした人が「スクールは無駄・意味がない」と言ってしまう傾向がありますが、成果を出せなかったのには下調べが足りなかったなどの原因があり、独学も時間がかかって挫折率も高い傾向にあります。

Webデザインスクールは、「Webデザインの学び方が分からない人を適切に導く」、「短期間で効率よくスキルを身に付けられる」、「分からないところをすぐに聞け、挫折しにくい」といったメリットがあります。

また、スクールによっても特色があり、人によって合う/合わないがあるため、下調べやスケジュールとの照らし合わせは必須です。

申し込み前から時間と手間がかかってしまいますが、途中で諦めることにならないためにも、Webデザインスクール選びは事前にしっかりと調べてじっくりと検討するようにしましょう。

この記事を書いた人
メインでシステムエンジニア的な仕事をことをする傍ら、兼業でライターもしている。現在はネットワークスペシャリストの合格を目指して勉強中だが、覚えなきゃないことがありすぎて、受けると周りに言ってしまったことに後悔し始めている。将棋で記憶力の向上を図る毎日。