専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるWebデザインスクールおすすめ

Webデザインやプログラミングスクールの受講では、専門実践教育訓練給付金制度などの助成金を利用できます。条件を満たせば誰でももらえるので、利用しないはありません!本記事はWebデザインを学べるスクールの中でも助成金が使えるスクールやコースをわかりやすく解説しました。

  • 2022年7月8日
専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるWebデザインスクールおすすめ

「Webデザインスクールに通いたいけど、学費が高くて通えない」と困っている人は、専門実践教育訓練給付金制度を活用するのがおすすめです。

専門実践教育訓練給付金制度は厚生労働省が設けている助成金の一つで、金銭的にお得にWebデザインを学ぶことができます。

今回の記事では、専門実践教育訓練給付金制度について詳しく解説し、給付金制度が利用できるWebデザインスクールを紹介していきます。

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるおすすめスクール

\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式サイト)を見る

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)の受給条件

画像引用元:厚生労働省

はじめに教育訓練給付金制度について解説します。

教育訓練給付金制度は、厚生労働省が定める教育訓練を受講・修了した際に、その費用の一部が助成金として支給される制度です。

対象となる教育訓練には3つの種類があります。

給付金の対象となる教育訓練
  • 専門実践教育訓練:受講費用の50%(年間上限40万円)が支給
  • 特定一般教育訓練:受講費用の40%(年間上限20万円)が支給
  • 一般教育訓練:受講費用の20%(年間上限10万円)が支給

ここでは最も支給額が多い「専門実践教育訓練」について解説します。

専門実践教育訓練給付金制度の概要は以下の通りです。

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)
  • 受講費用の50%(年間上限40万円)が受講中6ヶ月ごとに支給される
  • 要件を満たして雇用保険の被保険者として雇用されると追加支給もあり
  • 失業状態にある方は条件を満たすと教育訓練支援給付金も支給される

専門実践教育訓練は、主に中長期的なキャリア形成に役立つ教育訓練が対象です。

デジタル関係の講座や専門職大学院の課程、保育士・調理師・美容師といった業務独占資格を取るための講座が含まれています。

助成金の金額

助成金の金額は、受講費用の50%(年間上限40万円)です。

さらに資格取得などを行い、訓練修了後1年以内に就職すると、受講費用の20%(年間上限16万円)が追加で支給されます。

合計すると、最大で受講費用の70%(年間上限56万円・最長4年)が支給されるため、大変お得な制度と言えるでしょう。

助成金をもらうための条件

助成金をもらうためには、厚生労働省が定める条件を満たす必要があります。

支給対象となるのは、以下のどちらかに該当し、厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練講座を受講・修了した人です。

助成金の給付対象に該当する人
  • 雇用保険の被保険者(在職者)
  • 過去に雇用保険の被保険者だった人(離職者)

「雇用保険の被保険者」とは、いわゆる会社勤めのサラリーマンです。

初めて教育訓練給付金を受給する場合、受講開始日までに2年以上は会社勤めしている必要があります。

過去に教育訓練給付金を受給したことがある場合は、過去の受講開始日以降から3年以上にならないと、受給することができません。

「過去に雇用保険の被保険者だった人」とは、会社を辞めた人です。

離職日の翌日から受講開始日までが1年以内の場合、助成金をもらうことができます。

ただし、妊娠・出産・育児・疾病などが理由で退職した人は、1年以内ではなく最大20年以内であれば助成金をもらうことが可能です。

「過去に雇用保険の被保険者だった人」の場合も、2年以上(過去に受給したことがある人は3年以上)は雇用保険に入っている必要があります。

以上のことより、自営業・個人事業主・フリーランスは基本的に教育訓練給付金の受給資格がないので注意しましょう。

失業状態にある方の条件

失業状態にある方の場合、条件を満たせば専門実践教育訓練給付金とは別に教育訓練支援給付金が支給されます。

主な条件は以下の通りです。

教育訓練支援給付金の支給条件
  • 専門実践教育訓練給付金の受給資格があること
  • 受講開始時に45歳未満であること
  • 受講する講座が通信制または夜間制でないこと
  • 会社などの役員に就任していないこと
  • 自治体の長に就任していないこ

支給額は雇用保険の基本手当の日額に相当する額の80%です。

失業して困っている人だけでなく、こういう制度があることを知っていると、もしもの時も次の仕事に向けて取り組みやすくなるでしょう。

就職支援・転職支援があるWebデザインスクール|役立つ資格も分かる

▲目次に戻る

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるおすすめWebデザインスクール

テックアカデミー

画像引用元:テックアカデミー

ここでは、給付金制度があるおすすめのWebデザインスクールを紹介します。

スクール費用がネックになっている人は、ぜひ制度を活用してください。

TECH ACADEMY(テックアカデミー)

テックアカデミー無料カウンセリング

画像引用元:テックアカデミー

テックアカデミーは受講者数No.1、専属メンターがついてサポートが手厚いスクールです。

受講者一人ひとりに専属のメンターが付いて、カリキュラムの最後までマンツーマンの指導を受けることができます。

受講費用は決して安くはありませんが、専門実践教育訓練給付金制度を導入しているためお得に受講することが可能です。

テックアカデミーの特徴
  • サポートが手厚く、すぐに質問できる
  • カリキュラムはオンライン完結
  • 給付金対象の講座は16コース

給付金がもらえるのは、修了条件を満たして受講が修了した人です。

「カリキュラムのレッスンをすべて完了」「課題をすべて提出し合格している」「設定されたメンタリング回数を全て実施している」が修了条件になります。

条件を満たすと専門実践教育訓練修了証明書が発行されて、給付金を受給できるようになります。

給付金対象となるコースと料金は以下の通りです。

支給額は、専門実践教育訓練給付金の上限である最大70%で計算しています。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
AIコース229,900円160,930円68,970円8週間
284,900円199,430円85,470円12週間
339,900円237,930円101,970円16週間
データサイエンスコース229,900円160,930円68,970円8週間
284,900円199,430円85,470円12週間
339,900円237,930円101,970円16週間
Python
+AIセット
316,800円221,760円95,040円8週間
360,800円252,560円108,240円12週間
404,800円283,360円121,440円16週間
503,800円352,660円151,140円24週間
Python
+データサイエンスセット
316,800円221,760円95,040円8週間
360,800円252,560円108,240円12週間
404,800円283,360円121,440円16週間
503,800円352,660円151,140円24週間
Python
+AI
+データサイエンスセット
537,900円376,530円161,370円24週間
転職保証コース415,910円291,137円124,773円16週間

\詳細は下記をチェック/TechAcademy(公式サイト)を見る

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミ|料金やコース等も解説

インターネット・アカデミー

インターネットアカデミー

画像引用元:インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミーは日本初のWeb専門スクールで、WebデザインやWebマーケティング、プログラミングなどを学ぶことができます。

日本有数の制作実績をもつWeb制作会社が運営しているため、実際の制作現場のノウハウや企画推進方法など、実践的な内容を学ぶことが可能です。

一般教育訓練給付金制度により、受講料の約20%(最大10万円)分、負担が軽減されます。

インターネット・アカデミーの特徴
  • 大手制作会社の現場ノウハウを学べる
  • 最新で正確なスキルが習得可能
  • 給付金対象の講座は11コース

給付金がもらえるのは、対象コースを修了した人です。

テキスト内の練習問題を理解したうえで、「全授業の8割以上の出席」と「対象試験を70点以上取得」が支給対象の条件になります。

給付制度について不明点がある場合は、インターネット・アカデミーに電話で問い合わせできるので、気軽に聞いてみてください。

雇用保険加入期間支給額
はじめて利用:1年以上最大10万円
(受講料の20%)
2回目以降:3年以上

給付金対象となるコースは11コースあります。

WEBデザイナーコースも多数含まれているため、WEBデザインを学びたい人も給付金制度を利用できるでしょう。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
Webデザイナー総合コース760,760円100,000円660,760円12ヶ月
Webデザイナー検定コース
+作品制作講座
560,780円100,000円460,780円7ヶ月
UIデザイナーコース
+Illustrator講座
521,840円100,000円421,840円7ヶ月
プログラマー入門コース
+PHP講座
403,040円80,608円322,432円6ヶ月
Webデザイナーコース
+作品制作講座
+PHP講座
665,720円100,000円565,720円10ヶ月
Webデザイナー検定コース
+作品制作講座
+Webマーケティング講座
676,280円100,000円576,280円10ヶ月
Web担当者コース605,660円100,000円505,660円9ヶ月
Webデザイナーコース
+JavaScript講座
549,560円100,000円449,560円8ヶ月
プログラマー入門コース
+Photoshop講座
+Webマーケティング講座
474,320円100,000円94,864円7ヶ月
Webデザイナー検定コース
+作品制作講座
+JavaScript講座
718,520円100,000円618,520円11ヶ月
プログラマー入門コース
+Python講座
403,040円80,608円322,432円6ヶ月
\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式サイト)を見る

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

画像引用元:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、ITやビジネスなど様々な業界で新たなキャリア形成を目指すための総合専門スクールです。

総合スクールのため、ITだけでなくクリエイティブ、健康、語学系など、取り扱いのジャンルがとても豊富です。

IT系のコースでは、WEBデザイナーやプログラミング、AIコースといった人気講座が多数用意されています。

一般教育訓練給付金制度を導入していて、受講料の20%(最大10万円)の負担が軽減されます。

ヒューマンアカデミーの特徴
  • 多彩なコース
  • 社会人向けにITやビジネススクールを展開
  • IT・WEB系の給付金対象講座は8コース

ヒューマンアカデミーでは、過去に17,400人以上が給付制度の利用を希望して講座を受講している実績があります。

給付を受けるための条件は「すべての講座で出席率80%以上」です。

他にも講座ごとの修了要件があるため、受講前にヒューマンアカデミーの給付金担当に問い合わせてみてください。

給付金対象となるコースと料金は以下の通りです。

支給額は、上限である最大10万円で計算しています。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
IT総合講座832,700円100,000円732,700円12ヶ月
プログラマー総合コース722,700円100,000円622,700円12ヶ月
Web動画クリエイター総合コース821,700円100,000円721,700円12ヶ月
Webデザイナーエキスパートコース856,900円100,000円756,900円12ヶ月
Webデザイナー総合コース616,000円100,000円516,000円6ヶ月
Webデザイナーコース468,600円100,000円368,600円6ヶ月
【通信制】在宅ワークWebデザイナーWeb制作コース 345,400円100,000円245,400円7ヶ月
【通信制】在宅ワークWebデザイナーWeb制作上級コース507,100円100,000円407,100円6ヶ月

\詳細は下記をチェック/ヒューマンアカデミー(公式サイト)を見る

ヒューマンアカデミーの評判|プログラミング講座の料金や就職支援は?

KENスクール

KENスクール

画像引用元:KENスクール

KENスクールは、未経験の人でもプロのエンジニアとして活躍できるようになるITスクールです。

開校31年の実績がある老舗のパソコンスクールで、きめ細かい指導と充実したカウンセリングが特徴と言えます。

一般教育訓練給付金制度により、受講料の20%相当額(最大10万円)の給付金を受け取れます。

KENスクールの特徴
  • 合格するまで追加受講料なしの徹底指導
  • ポートフォリオ・作品をプロがレビュー
  • 給付金対象講座は6コース

「Webデザインコース」「プログラムコース」「オフィスコース」に給付金対象講座が用意されています。

「Webデザインコース」では、Illustrator、Photoshopといったグラフィックソフトの操作スキルやWebサイトをデザインする技術の習得が可能です。

即戦力となり得るスキルを身に着けることができるので、短期間でWEBデザインを学びたい人にもおすすめできます。

給付金対象となるコースと料金は以下の通りです。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
Web実践就転職総合コース410,300 円82,060円328,240 円6ヶ月
Web実践キャリア就転職総合コース365,200 円73,040円292,160 円6ヶ月
Javaプログラマー養成コース434,500 円86,900円347,600 円6ヶ月
Android&Javaエンジニア就転職総合コース579,700 円100,000円479,700 円9ヶ月
Excel VBA Standardライセンスパック224,400 円44,880円179,520 円6ヶ月
基礎からのMOS Master498,300 円99,660円398,640 円9ヶ月

\詳細は下記をチェック/KENスクール(公式サイト)を見る

KENスクールの口コミ・評判|悪い評判は本当?料金・コースは?

Winスクール

画像引用元:Winスクール

Winスクールは、企業研修実績No.1のITスクールです。

年間1,484社の企業研修の実績と、300種以上の実践講座をもとに、個人にもサービスを展開しています。

教育訓練給付金制度を導入していて、受講料の最大20%(上限10万円)から最大40%(上限20万円)の給付金を受けられます。

Winスクールの特徴
  • 受講生の90%以上が未経験からのスタート
  • パソコン資格一発合格率99%
  • 給付金対象講座は27コース

「教育訓練給付制度」を利用すると、講座の修了後に全講座費用の最大20%(上限10万円)に相当する額がハローワークから支給されます。

また、「特定一般教育訓練給付対象講座」を受講し、一定条件を満たす対象者には最大40%(上限20万円)が支給されます。

給付金対象となるコースと料金は以下の通りです。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
Excel MOSマスター171,600円38,280円133,320円5ヶ月
Word MOSマスター171,600円38,280円133,320円5ヶ月
MOSエキスパート
2科目資格取得
228,800円50,820円177,980円7ヶ月
Excel&Word
MOSマスター
296,120円65,164円230,956円9ヶ月
office総合プロⅡ288,200円63,800円224,400円9ヶ月
office総合プロⅢ292,600円64,900円227,700円10ヶ月
Excel VBAマスター
+ライセンス
228,800円50,556円173,800円7ヶ月
AutoCADマスター
+ライセンス
248,600円55,000円193,600円8ヶ月
AutoCADマスター316,800円70,180円246,620円7ヶ月
メカニカルCAD
+2Dライセンス
424,600円91,520円333,080円10ヶ月
メカニカルCAD
+3Dライセンス
495,000円100,000円395,000円12ヶ月
3DCAD
+ライセンス
305,800円66,440円239,360円6ヶ月
CADマスター
+ライセンス
248,600円55,000円193,600円8ヶ月
CADマスター316,800円69,300円247,500円7ヶ月
建築CADマスター404,800円87,780円317,020円10ヶ月
WEBデザイナーPlus316,800円71,060円245,740円9ヶ月
WEBクリエイター261,800円59,180円202,620円7ヶ月
WEBマスター360,800円80,960円279,840円10ヶ月
WEBデザイナープロ360,800円80,080円280,720円10ヶ月
WEBプログラミングマスター495,000円100,000円395,000円12ヵ月
WEB・映像スペシャリスト495,000円100,000円395,000円12ヵ月
グラフィックデザイナープロ206,800円47,300円159,500円6ヶ月
DTPデザイナー Plus270,600円60,720円209,880円8ヶ月
DTP・WEB
スペシャリスト
424,600円93,720円330,880円11ヶ月
Javaライセンス
(Silver)
250,800円56,320円194,480円6ヶ月
プログラミングマスター(Java)292,600円128,920円163,680円8ヶ月
プログラミングマスター
(C言語)
292,600円128,920円163,680円8ヶ月
\詳細は下記をチェック/Winスクール(公式サイト)を見る

Winスクールの評判|料金・就職支援は?時間割ってどうなの?

▲目次に戻る

Webデザインスクール選びの注意点

画像引用元:ヒューマンアカデミー

ここでは、Webデザインスクール選びの注意点を解説します。

給付金制度を利用してWebデザインスクールに通いたい人は、受講前にぜひ確認してください。

助成金を狙うなら無料カウンセリングを必ず受けるべき

助成金を考えている人は、事前に必ず無料カウンセリングを受けましょう。

受講する講座が対象になっているのか、自分が助成金をもらう資格があるのか、いくら支給されるのか等、具体的に確認することが大事です。

無料カウンセリングを受ければスクールの雰囲気や内容もわかるため、助成金以外の疑問点も解決できます。

自分がなりたいWebデザイナー像をはっきりさせる

スクールに通い始める前に、自分がなりたいWebデザイナー像をはっきりさせておきましょう。

「助成金があるから」という理由で受講コースやキャリアを変えてしまっては本末転倒です。

自分の希望を確認し、進みたいキャリアに適したスクール・コースを明確にするといいでしょう。

無料カウンセリングではキャリアやコースの相談もできます。

▲目次に戻る

インターネット・アカデミーの無料カウンセリング申し込み手順

インターネット・アカデミーの評判・口コミは最悪って本当?

画像引用元:インターネット・アカデミー

助成金を利用してスクールに通いたい人は、事前に無料カウンセリングを受けるようにしましょう。

カウンセリングはオンラインで受けることもできるので、気軽に申し込むことができます。

無料カウンセリングの予約はネットで数分でできるので、とても簡単です。

そこでここでは、例としてインターネット・アカデミーの申込み手順を解説します。

手順1:公式サイトから「無料カウンセリング申し込み」をタップする

インターネット・アカデミー申し込み手順

手順2:無料カウンセリングを受ける場所や氏名などの情報を選択・入力する

インターネット・アカデミー申し込み手順

手順3:入力を終えたら「同意して進む」をタップする

インターネット・アカデミー申し込み手順

手順4:入力内容を確認して「送信する」をタップする

インターネット・アカデミー申し込み手順

▲目次に戻る

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるおすすめスクールまとめ

まとめ

今回は、専門実践教育訓練給付金制度について解説し、助成金のあるおすすめスクールを紹介しました。

専門実践教育訓練給付金制度(助成金)のあるおすすめスクール

\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式サイト)を見る

まずは自分のなりたいWebデザイナー像を明確にし、学びたいコースや進みたいキャリアをはっきりさせましょう。

そのうえで助成金が利用できるコースであれば、ぜひ活用するのがおすすめです。

助成金の詳しい情報やコース・キャリアの相談は、無料カウンセリングで聞くことができます。

カウンセリングはオンラインで気軽にできるので、まずは申し込んでみることがおすすめです。

▲目次に戻る