トップページ > サービス > Form Converter

Form Converter

多数の国内導入実績のスマホ変換サービス!

フォームコンバータの特長

  • 申し込み率が13.4%アップした実績があります!

    当社調べ
  • ひと目でわかる使いやすさ!

  • 多数の導入実績

スマホの入力フォームを改善するだけで申し込み率がUP!


     当社調べ

実は見込み客を「逃がしている」!

スマートフォンの入力フォームは、スマホ専用に最適化(EFO)しないとコンバージョン率が上がりません。

【フォームコンバータ】はスマートフォンのフォーム専用に設計されているため、導入直後からコンバージョン率の改善が期待できます!

PC向け入力フォームをそのまま変換

既存の入力フォームを使用するので、データベースとの連動や、システムの組み直し等の手間がなく、専用のタグを貼るだけでスマートフォン用のフォームに最適化できます。

PC向けの入力フォームをそのまま変換!

再作成する必要がないので、データベースとの連結など、システム改修も一切不要!

今の入力フォームのセキュリティレベルをそのまま維持!

専用タグを貼るだけで導入可能!チェックも簡単。

お申し込みから導入まで

一流企業が多数導入。高い信頼を得ています。

お問い合わせ

お客様の声

株式会社エービーシー・マート

店舗開発部 通信販売チーム 上村直史 様

① スマートフォン対応にしようと思った理由

スマートフォンの普及により、最近では場所を選ばずWebサイト閲覧ができるようになりました。したがってユーザの購買行動も変化し、購買機会が増えています。オンラインショップもデバイスにより表示が異なるので、Webにおける「おもてなし」が重要です。

スマートフォン、タブレットで訪れるユーザには最適化表示をしてお迎えするべきと考えております。

お店で親切に対応してもらうとまた来店したくなります。Webでも同じです。初めての方にも親切でわかりやすいショップ作りを心がけています。

② 弊社サービスを導入した理由

PC版の入力フォーム最適化(EFO)【フォームアシスト】はすでに導入して効果も実証済みだったのでスマートフォン版が発売されるとすぐに導入しました。

スマートフォン対応前後ではスマートフォン、タブレットユーザが15%も増加しました。逆にフィーチャーフォンに関してはシュリンク傾向にあります。実際フィーチャーフォンサイトは対応をストップし、その分スマートフォン対応に注力するようにしています。

③ サービス導入後の反響は?

スマートフォン最適化については効果も表れ順調に運用できているので、最近の課題はO2Oです。
実店舗とオンラインショップ、お互いメリットになるようなシナジーが構築できないか模索しています。スケールメリットを生かしたサービス提供を目指していこうと思っています。

SMBCファイナンスサービス株式会社

EC推進企画部 
部長:青木優知 様 部長:金納勝也 様 主任:松本英樹 様

① スマートフォン対応にしようと思った理由

まず以って、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が急速に進んだことが挙げられます。
決済システムにおいては、お客様は「画面が見にくい」「操作しづらい」等のストレスを少しでも感じると離脱してしまいがちです。離脱を少なくするためには、決済システムのスマートフォン対応が急務でしたので、2011年9月に導入しました。

② 弊社サービスを導入した理由

決済システムのスマートフォン対応については、次のような条件をクリアする必要がありました。

  • 機密情報データが外部に漏れない仕組みである
  • 低コストで対応できる
  • サービス開始までスピーディに行える

同種のサービスを比較検討した結果、【フォームコンバータ】を選択するに至りました。

③ サービス導入後の反響は?

導入後は、お客様からサポートセンターへのお問い合わせも減り、入力完了率も確実にアップしているようです。
「画面が見やすくなった」「操作性が上がった」等のお声もいただけるようになりました。今後もさらなる利便性を追求し、 当社主力商品『決済ステーション』のプレゼンス向上に努めてまいります。

楽天証券

マーケティング本部
編成部副部長 兼 モバイル編成室長: 川合恵太 様 リーダー:川田哲也 様

① スマートフォン対応にしようと思った理由

スマートフォン対応については昨年(2011年)から懸案事項になっていました。

インターネット閲覧できるデバイスが増えるとともに、サイトの利用方法も変わってきたようです。スマートフォン対応の直前には、 スマートフォンでのサイト閲覧がフィーチャーフォンの2倍以上にも膨らんでいたので、口座開設数アップのためにも開設申し込み入力フォームのスマートフォン最適化は必須でした。

② 弊社サービスを導入した理由

PC版の入力フォーム最適化はすでに導入し効果がわかっていたので、スマートフォン版の発売を待ち望んでいました。 サービス当初はiPhoneだけしか対応していなくて、ショーケース・ティービーにプッシュしてAndroid版の開発も早めてもらいましたね。

最近ではユーザ側もスマートフォンのよさを理解していて、サイトがスマートフォン対応されていることを当たり前と感じていると思います。提供側はそれに応えられるような体制をとっていかないとWebマーケティングで効果を上げていくことは難しいと思います。

③ サービス導入後の反響は?

サービス導入前後で申し込みサイトの数値を見ると、最適化により離脱率が低下し、そしてフォームアシスト効果で入力完了率が増加しています。
弊社ではPC上でのお取り引きはもちろん、スマートフォンでもお取り引きできるよう専用のアプリ『iSPEED(アイスピード)』を提供し、バージョンアップを随時行ってお客様のニーズにお応えしています。

今後は、ますますチャネルの拡大を図り、幅広い商品ラインアップを提供してまいります。 時代の変化とともにインターネットとの関わり方はますます変わってきていますが、時代を先読みできるようなサービス提供を目指していきたいと思っています。

お問い合わせ

特許取得済のスマートフォン変換サービス!

【フォームコンバータ】は、特許を取得しているサービスです。 PCサイトを閲覧する端末の種類を判別し、リアルタイムに自動でスマートフォン最適化して表示する技術が特許として認められました。

2012年3月に国内、同年11月に米国で特許を取得、2013年7月にシンガポールで特許を取得しました。

sc_lisence_01

国内特許

詳細はこちら スマートフォン・コンバータ 国内特許PDF

  • 特許番号:特許第4936413号
  • 発明の名称:ウェブ表示プログラム変換システム、ウェブ表示プログラム変換方法、及び、ウェブ表示プログラム変換用プログラム
  • 技術分野:本発明は、ウェブ表示プログラムを変換するシステム、方法及びプログラムに関し、より具体的には、ある装置に適合して生成されたウェブ表示プログラムを別の装置に適合させるための変換を実行するための変換システム、変換方法及び変換プログラムに関する。
  • 特許優先日:平成23年3月7日
  • 特許出願日:平成23年7月20日
  • 特許取得日:平成24年3月2日

米国特許

詳細はこちら スマートフォン・コンバータ 米国特許PDF

  • 特許番号:US 8,291,311 B2
  • 発明の名称:WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION SYSTEM, WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION
    METHOD AND PROGRAM FOR CONVERTING WEB DISPLAY PROGRAM
  • 特許優先日:2011年3月7日
  • 国際出願日:2011年7月20日
  • 米国特許取得日:2012年10月16日

シンガポール特許

詳細はこちら スマートフォン・コンバータ シンガポール特許PDF

  • 特許番号:184300
  • 発明の名称:WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION SYSTEM, WEB DISPLAY PROGRAM CONVERSION
    METHOD AND PROGRAM FOR CONVERTING WEB DISPLAY PROGRAM
  • 登録日:2013年4月30日
  • 権利期間:2011年7月20日~2031年7月20日

お問い合わせ

下記のサービスもあります