教育訓練給付金制度(助成金)でお得に動画編集が学べるスクールや講座

教育訓練給付金制度(助成金)を利用して、安くお得に動画編集を学べるスクールをご紹介します。また給付金は使えないものの、良質で低料金なスクールも解説しました。動画編集は副業や独立のためのスキルとして大人気です。スキルをしっかり身につけましょう。

  • 2024年6月14日
  • 本記事には広告が表示されます
教育訓練給付金制度(助成金)でお得に動画編集が学べるスクール アイキャッチ画像
今回は、教育訓練給付金制度の対象となっている動画編集スクールを紹介します。

制度を賢く活用すれば動画編集講座を割安で受講できます。

動画編集スクールの利用を検討している人は、申し込む前に必ずチェックしておきましょう

デジハリ・オンラインスクール

教育訓練給付金制度(助成金)で動画編集を学べるおすすめスクール

おすすめスクール詳細
インターネットアカデミーロゴ
インターネット・アカデミー
27年の豊富な実績は信頼の証。無料体験は7日間だから失敗しない!

解説を見る
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
ランサーズと提携した実践型カリキュラムで3~6カ月間じっくり学ぶ。短期習得も可能。

解説を見る
Winスクール
Winスクール
少人数制で通学・オンラインを選べる。パソコンは追加費用なしで準備してもらえる。

解説を見る

「cody」は、株式会社ショーケース(東証スタンダード:3909)の広告・メディア事業本部が運営しており、おすすめの「プログラミング」「Webデザイン」「Webマーケティング」など各スクール情報を編集部が随時更新中です。

この記事の監修者
監修者:水野
水野真理子(ファイナンシャル・プランニング技能士)
働きながら某スクールでプログラミングやデザインなど学び、未経験からWEB業界へ。最近は仕事の幅を広げるために動画編集スクールを検討中。ファイナンシャルプランナーの視点から、仕事に繋がるコスパの良いスクールを厳選してご紹介します。

教育訓練給付金制度(助成金)とは

教育訓練給付金制度(助成金)とは

教育訓練給付金制度とは、スキルアップのためにスクールなどを利用した場合に受講料の一部が支給される制度です。

厚生労働省主導の制度で、働く人のスキルアップや雇用の安定、就職促進を目的としています。

対象となる教育訓練は幅広く、動画編集やプログラミングスクール、看護師や保健師など医療系の資格、大型・中型・フォークリフトなどの免許、英検やTOEICなど語学系の資格などが含まれます。

教育訓練給付金は以下の3種類あり、どれを支給できるかは受講するプログラミングスクールやコースによって異なるため、受講前に確認しましょう。

教育訓練給付金制度について
  • 一般教育訓練給付金
  • 特定一般教育訓練給付金
  • 専門実践教育訓練給付金

それぞれの給付金の概要を確認していきましょう。

一般教育訓練給付金

一般教育訓練給付金は調理師や美容師、カラーコーディネーターなど、ビジネスで使用できる資格の取得を目指す人向けの給付金です。

IT関連の資格としてはITパスポートの取得も含まれるため、動画編集スキルと併せて検討してみましょう。

一般教育訓練給付金の支給額と給付条件

一般的教育訓練給付金は、受講料の最大20%(上限10万円)が支給されます。

支給条件として「受講開始日現在で雇用保険の被保険者であった期間が3年以上あること」を満たす必要があるため注意してください。

退職日の翌日から起算して1年以内に受講を始めなければいけないため、すでに退職している人は早めにチャレンジしましょう。

特定一般教育訓練給付金

特定一般教育訓練給付金は、より再就職しやすい高度な資格取得を目指す人向けの給付金です。

具体的には、税理士や社会保険労務士、大型自動車免許などが含まれます。

IT関連の資格としては基本情報技術者試験も対象です。

特定一般教育訓練給付金の支給額と給付条件

特定一般教育訓練給付金は、受講料の最大40%(上限20万円)が支給されます。

支給条件は一般教育訓練給付金と同様ですが、一般教育訓練給付金よりも金額が大きいことが特徴です。

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金は、中長期的なキャリアを形成するための専門的・実践的な教育訓練を受ける人に向けた給付金です。

看護師、介護福祉士、保育士、建築士などの業務独占資格のほか、高度IT分野などの将来性が高い分野の講座も対象となります。

経済産業大臣が認定したプログラミングスクール講座にも適用されているため、該当するコースがあるか調べて給付金を受けるといいでしょう。

専門実践教育訓練給付金の支給額と給付条件

専門実践教育訓練給付金は、受講料の最大70%(上限56万円・最長4年間)が支給されます。

支給条件は一般教育訓練給付金と同様ですが、最大70%という高額な支援を得られることが特徴です。

▲目次に戻る

動画編集とは

オンラインで学べる動画編集スクール

画像引用元:DMM WEBCAMP

動画編集とは、カメラで撮影した映像を繋ぎ合わせたり、映像が見やすいようにテロップを入れたりする作業です。

テレビやネットのCM広告、YouTube動画、プロモーションビデオ、SNS用の広告動画など、さまざまな形のアウトプットがあります。

著者のコメント動画編集は個人で作業する時間が多く、時間や場所にとらわれずに自分のペースで進められることがメリットです。

そのため、動画編集の仕事に転職したい人だけでなく、子育て中でまとまった時間が取れない人や副業したい会社員にも人気のスキルになります。

▲目次に戻る

【動画編集を学べる】教育訓練給付金制度(助成金)を使えるおすすめスクール

教育訓練給付金

画像引用元:政府広報オンライン

ここからは、実際に教育訓練給付金の対象コースがある動画編集スクールを紹介します。

コスパよくスキルアップしたい人や、制度を使って割安に受講したい人は、ぜひ役立ててください。

教育訓練給付金制度(助成金)で動画編集を学べるおすすめスクール

おすすめスクール詳細
インターネットアカデミーロゴ
インターネット・アカデミー
27年の豊富な実績は信頼の証。無料体験は7日間だから失敗しない!

解説を見る
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
ランサーズと提携した実践型カリキュラムで3~6カ月間じっくり学ぶ。短期習得も可能。

解説を見る
Winスクール
Winスクール
少人数制で通学・オンラインを選べる。パソコンは追加費用なしで準備してもらえる。

解説を見る

Internet Academy(インターネット・アカデミー)

インターネット・アカデミー

画像引用元:インターネット・アカデミー

Internet Academy(インターネット・アカデミー)は、働きながら受講したい人におすすめのスクールです。

東京大学やiPS細胞研究所、気象庁などのサイト制作を実績に持つWeb制作会社が運営しているため、インターネット・アカデミーならではの現場感覚や実践指導が受けられます。

  • 「ライブ授業」「マンツーマン授業」「オンデマンド授業」から自由に選べる
  • 受講生用の求人情報は常時600社以上
  • 自分のペースで受講可能

インターネット・アカデミーでは、Webデザインスクールのコースに「動画編集講座」があります。

動画編集講座

動画編集講座では、プロの動画制作現場で最も多く使われているAdobe Premiere Proの基本的な使い方から、高度な編集テクニックまで学ぶことができます。

さらに実践演習として、授業内でYouTubeやSNS広告、結婚式動画などのムービー制作が行われるため、動画クリエイターとして活躍できるスキルを身につけることが可能です。

動画編集講座
受講料184,800円
授業回数8回
学習目安16~32時間程度
講座内容「Adobe Premiere Pro」について
モーション・不透明度
YouTube動画編集
速度・トランジション
様々なエフェクトの紹介
Lumiteriについて
実践編1・2
詳細公式サイトで詳細を見る

教育訓練給付制度の対象講座

インターネット・アカデミーは一般教育訓練給付金を採用しており、受講料の最大10万円が戻ります。

給付金の対象コースと金額は以下のとおりです。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
Webデザイナー総合コース760,760円100,000円660,760円12ヶ月
Webデザイナー検定コース+作品制作講座560,780円100,000円460,780円7ヶ月
UIデザイナーコース+Illustrator講座521,840円100,000円421,840円7ヶ月
プログラマー入門コース+PHP講座403,040円80,608円322,432円6ヶ月
Webデザイナーコース+作品制作講座+PHP講座665,720円100,000円565,720円10ヶ月
Webデザイナー検定コース+作品制作講座
+Webマーケティング講座
676,280円100,000円576,280円10ヶ月
Web担当者コース605,660円100,000円505,660円9ヶ月
Webデザイナーコース+JavaScript講座549,560円100,000円449,560円8ヶ月
プログラマー入門コース
+Photoshop講座+Webマーケティング講座
474,320円94,864円379,456円7ヶ月
Webデザイナー検定コース
+作品制作講座+JavaScript講座
718,520円100,000円618,520円11ヶ月
プログラマー入門コース+Python講座403,040円80,608円322,432円6ヶ月
詳細公式サイトで詳細を見る
給付条件
  • 受講開始の時点で雇用保険の被保険者期間が1年以上、または被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)から受講開始日までが1年以内で被保険者期間が1年以上であること ※教育訓練給付制度の利用が2回目以降の場合は、被保険者期間が3年以上
  • 対象コースを修了すること
  • 全授業の8割以上を出席し、テキスト内の練習問題を理解すること
  • 対象試験を70点以上取得すること
インターネット・アカデミーの講座なら、動画編集講座と他の講座を組み合わせてカスタマイズコースをつくることができます。
希望の期間や予算も考慮してくれるため、Webデザイナーなど動画編集にも使える講座を併せて受講するのもおすすめです。

制度の詳細や給付条件などはスクールの無料相談会で気軽に聞くことができるため、必ず確認してから申し込むようにしてください。

\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式)を見る

ヒューマンアカデミー


ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー」は、多種多様な資格や技術取得に対応している通信講座・通信教育サービスです。

全国の主要都市に65校舎を持っており、これまでに142万人以上の卒業生を輩出しています。

  • 最短2週間で動画編集スキルを習得
  • ランサーズと提携した実践型カリキュラム
  • 学習期間は3~6ヶ月と長期間

ヒューマンアカデミー公式サイトで詳細を見る

ヒューマンアカデミーでは、未経験でも転職・副業につながる「動画クリエイター講座」が用意されています。

動画クリエイター講座

動画編集をプロから学んでスキルアップしたい人や、転職・就職に活かしたい人に向けた講座です。

著者のコメント学んだことをポートフォリオにアウトプットできるため、働きながら実践スキルを学んで仕事に繋げることができます

動画クリエイター講座には3つのコースが用意されています。

教育訓練給付制度の対象講座

ヒューマンアカデミーは一般教育訓練給付金を採用しており、受講料の最大10万円が戻ります。

動画クリエイター講座のなかでは「Web動画クリエイター総合コース」が対象講座です。

コース名受講料支給額自己負担金訓練期間
Web動画クリエイター総合コース685,975円100,000円585,975円12ヶ月
詳細公式サイトで詳細を見る

制度の詳細や給付条件などはスクールの無料説明会で気軽に聞くことができるため、必ず確認してから申し込むようにしてください。

\詳細は下記をチェック/ヒューマンアカデミー(公式サイト)を見る

Winスクール

項目
WinスクールWinスクール
Winスクール
名前
Winスクール
目的
学習/スキルアップ・就職/転職・資格取得
授業
オンライン(講義)・オンライン(自習)・通学
料金
101,200~783,200円
給付金
対象コースあり
体験
なし
詳細
https://www.winschool.jp/
Winスクール」は年間の受講者数が1万7000人、300以上の講座を展開するコンピュータスクールです。

卒業後も復習用動画やオンラインテキストを視聴できるなど、サポートが手厚いという特徴があります。

  • オンラインの少人数指導
  • IT関連の資格取得に強い
  • 就職・転職サポートあり

>Winスクールの詳細を見る

Winスクールでは「WEB・映像スペシャリスト」講座が、一般教育訓練給付金の対象となります。

動画コンテンツが当たり前になったなかで、他者の目をひくような効果やクオリティの高い動画制作を学ぶことが可能です。

WEB・映像スペシャリスト

WEBデザインに必要なPremiere ProやAfter Effectsといったソフトを基礎から学び、映像制作の基礎~作品制作まで総合的に学習する講座です。

グラフィックデザインのスキルも習得できるので、卒業制作では映像を取り入れた高度なWEBサイトを作ることもできます。

WEB・映像スペシャリスト
受講料495,000円
入学金19,800円
教材費27,500円
給付金の予定額100,000円
受講時間90分×96回+60分(145時間)
受講期限12ヶ月
講座内容Illustrator
Photoshop
ホームページ制作
JavaScript&jQuery
Premiere Pro
After Effects
検定対策
詳細公式サイトを見る

WEB・映像スペシャリスト講座なら10万円の給付金が受給可能です。

制度の詳細や給付条件などはスクールの無料説明会で気軽に聞くことができるため、必ず確認してから申し込むようにしてください。

\詳細は下記をチェック/Winスクール(公式サイト)を見る

Winスクール公式X(旧Twitter)の注目ポスト

下矢印全て表示

▲目次に戻る

コスパが良いおすすめ動画編集スクール

DMM WEBCAMP AIコース

画像引用元:DMM WEBCAMP

ここでは、給付金は支給されないけれど料金がお得なスクールを紹介します。

コスパの良いスクールを探している人は、ぜひこちらもチェックしてください。

DMM WEBCAMP(動画クリエイターコース)

dmmwebcamp

画像引用元:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPでは、動画制作の基礎から学べる「動画クリエイターコース」が用意されています。

著者のコメントPremiere Proを使って動画編集したい人や、動画編集クリエイターとして就職・副業したい人におすすめできるスクールです。

  • 週2回のメンタリング、毎日15〜23時のチャットサポート
  • アドビ社のサポートあり
  • 169,800円~受講可能

DMM WEBCAMPなら動画編集スキルだけでなく、動画の構成・編集からクライアント納品まで業務の流れに沿って動画制作を習得できます。

著者のコメント受講期間や料金は以下のとおりです。/span>

項目4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
料金169,800円224,800円279,800円334,800円
学習時間目安
(1週間)
40時間20時間13.5時間10時間
メンタリング全8回全16回全24回全32回
質問対応15時~23時15時~23時15時~23時15時~23時
詳細公式サイトで詳細を見る

8週間以上のプランで学習を始めて、もし早く学習が終わったときは、利用していない期間分を返金してくれます。

さらに4週間単位で延長(料金:88,000円)も可能なため、学習期間がどれくらいになるかわからない人でも安心して始められるでしょう。

\即戦力のスキルを身につける/DMM WEBCAMP(公式サイト)を見る

デジハリ・オンラインスクール

デジハリ・オンラインスクール

デジハリ・オンラインスクールは、映像授業とライブ授業を組み合わせたオンライン専門スクールです。

受講生専用の仕事情報サイトや就職相談窓口なども設けられていて、転職・就職を目指す人のための独自サポートも充実しています。

  • 時間・場所を選ばず受講可能
  • 有償ソフトを割安で利用
  • 短期間で効率的にスキル取得

デジハリ・オンラインスクールの動画関連の講座には、「動画クリエイター講座」と「ネット動画広告入門」があります。

短期間で効率よく学んで動画編集の仕事を受注したり、もっと高単価な案件にチャレンジしたい動画編集者は、動画クリエイター講座を受講するのがおすすめです。

著者のコメント動画広告のマーケティング知識を身に着けたい人はネット動画広告入門を受講するといいでしょう。2講座を並行して受講すれば仕事の幅を広げることもできます。

講座動画クリエイター講座ネット動画広告入門
受講料281,600円53,900円
受講期間約6ヶ月(26週間)約3ヶ月(13週間)
授業形式動画:約53時間動画:約10時間
詳細公式サイトで詳細を見る

\詳細は下記をチェック/デジハリ・オンラインスクール(公式)

デジハリ・オンラインスクール公式X(旧Twitter)で注目のポスト

下矢印全て表示

studio US(スタジオアス)

項目
名前
studio US
目的
フリーランス・副業
授業
オンライン(自習)
料金
55,000円〜
給付金
対象コースなし
体験
なし
詳細
https://studio-us.org/
studio US(スタジオアス)」は、未経験からでも仕事に繋がるスキルを身に付けられる動画制作オンラインスクールです。

受講料が安く、レッスンの満足度が高いという評判があります。

  • オンライン受講と豊富な教材
  • 動画制作が多い実践型スクール
  • 企業との連携で案件紹介がある

>studio USの詳細を見る

studio USでは、「動画編集コース」「動画クリエイターコース」「動画クリエイター総合コース」の3コースが用意されています。

それぞれのコースの特徴や料金は以下のとおりです。

講座動画編集コース動画クリエイターコース動画クリエイター総合コース
受講料55,000円99,000円220,000円
分割払い4,584円/月~8,250円/月~13,750円/月~
継続会費なし13,200円/月16,500円/月
買い切りオプションなし55,000円55,000円
学べるスキルPremiere Pro
After Effects
YouTubeの動画編集
Premiere Pro
After Effects
Cinema4D
ディレクション
動画編集
セールス
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Cinema4D
ディレクション
動画編集
動画加工
リテラシー
セールス
詳細studio US(公式サイト)を見る

studio USは良い口コミも多く見られます。

  • 「初心者でも実績作りができて案件獲得につながった」
  • 「質問への回答が早い」
  • 「教材のボリュームが豊富だった」

といった声があるため、コスパ良く動画編集のプロになりたい人は検討してみてください。

\詳細は下記をチェック/studio US(公式サイト)を見る

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度(助成金)を使ってプログラミングスクールを受講する際の注意点

特徴とメリット
活用しやすく給付割合も高い教育訓練給付金制度ですが、利用する際はいくつか注意点もあります。

何らかの事情で給付を受けられないことがないように、注意点は事前にしっかりと押さえておきましょう。

受給資格がないと貰えない

著者のコメント教育訓練給付金制度は、基本的に以下の条件を満たす人が利用できます。

教育訓練給付金制度の受給資格要件
  • 制度をはじめて利用する場合:雇用保険に1年以上加入し、受講開始時点で在職中、または離職後1年以内
  • 利用が2回目以降の場合:前回の受講開始日以降の雇用保険加入期間が3年以上ある

さらにスクールごとに修了要件が設定されていることがあります。

例えばインターネット・アカデミーなら「全授業の8割以上を出席」「対象試験を70点以上取得」などの条件が設けられています。

給付金を考えている人は、きちんと授業に出席して、試験に合格するよう努めましょう。

受講料は最初に自分で支払う必要がある

教育訓練給付金は、支払った受講料に対して後から給付される制度です。

受講料の支払い前に給付されたり、受講料から給付金の分が引かれているわけではないため注意してください。

事前に受講料が支払えるか確認してから申し込みましょう。

講座修了の1ヶ月以内に支給申請が必要

スクールを受講する前に制度を利用できるか確認したとしても、給付金を貰うためには改めて申請が必要です。

申請期間は講座を修了してから1ヶ月以内と決まっているため、申請漏れがないよう注意しましょう。

▲目次に戻る

無料説明会・無料体験の申込み手順

プログラミングスクールの選び方

講座を申し込む前に無料説明会・無料体験に参加することで、スクール選びに失敗するリスクを下げることができます。

ここでは、無料説明会・無料体験の申し込み手順について解説します。

無料説明会・無料体験でわかること

無料説明会に参加すると、受講費用・入会金・教材費の総額や、受講に必要なパソコン環境、スクールのサポート体制などを知ることができます。

公式サイトを見るだけではわからない具体的な内容も直接聞くことが可能です。

そもそも初心者でスクールに通いたい人は、学習内容のスキルがどんな技術なのか把握していない人も多いでしょう。

動画編集にかかせない技術に対して理解を深めることができます。

さらに無料体験に参加すれば、教室の雰囲気や講義のスピード感もわかるでしょう。

質問への対応状況も実際に見ることができるため、無料体験を実施しているスクールならぜひ参加してみましょう。

無料説明会・無料体験を受けるべき理由

無料説明会・無料体験を受けることで、納得したうえで学習を始められるようになります。

説明を受けずに受講してしまうと「期待した講義内容ではなかった」「教室の雰囲気が合わなかった」などの齟齬が起こるかもしれません。

学習意欲を継続させるためにも、ぜひ説明会や体験会を活用しましょう。

ここでは、DMM WEBCAMP(動画クリエイターコース)の申込み手順を解説します。

  1. 公式サイトにアクセスして「無料相談に申し込む」をタップする
    DMM WEBCAMP 無料相談申込み
  2. 希望日時をタップする
    DMM WEBCAMP 無料相談申込み
  3. 氏名などの情報を入力する
    DMM WEBCAMP 無料相談申込み
  4. 規約同意のチェックを入れて「無料相談に申し込む」をタップする
    DMM WEBCAMP 無料相談申込み

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度(助成金)で動画編集を学べるおすすめスクールまとめ

まとめ

教育訓練給付金制度を活用すれば自己負担額を抑えることができます。

ただし、利用できるスクールや講座は限られているため、学習できる内容も含めて事前に確認することが重要です。

制度の利用条件や支給時期もあらかじめ把握しておきましょう。

教育訓練給付金制度(助成金)で動画編集を学べるおすすめスクール

おすすめスクール詳細
インターネットアカデミーロゴ
インターネット・アカデミー
27年の豊富な実績は信頼の証。無料体験は7日間だから失敗しない!

解説を見る
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
ランサーズと提携した実践型カリキュラムで3~6カ月間じっくり学ぶ。短期習得も可能。

解説を見る
Winスクール
Winスクール
少人数制で通学・オンラインを選べる。パソコンは追加費用なしで準備してもらえる。

解説を見る

教育訓練給付金制度を利用して、今後のキャリアアップに生かせる動画編集のスキルをお得に身につけてください。
▲目次に戻る

この記事を書いた人
cody専属ディレクター兼ライター。大学院で情報工学を学び、某SIerにてSE職を経て現在はWebディレクター・ライター業に従事しています。趣味はゲームと音楽とお酒の完全インドア派。コンビニまで歩いて行くだけで「今日は運動したなあ!」と幸せになれる良コスパ人間です。

プログラマー、デザイナーに人気!MacBookが特別価格で販売中

MacBook

快適なプログラミング、デザインにはMacを使用するのがおすすめです。今なら「Apple認定整備済み【未開封品】MacBook M2,2022年モデル」がReYuuストアで特別価格で販売しています。

Apple公式よりかなりお得!

モデルReYuuストアApple公式
MacBook Pro 13インチ M2 8GB/256GB¥145,800¥178,800
MacBook Air 13インチ M2 8GB/256GB¥134,800¥164,800
※2023年9月7日時点の価格です。

Appleのメーカー保証が1年間付属していますので、万が一不具合が起こったとしても安心です。

ReYuuストアで使える¥2,000オフクーポンコード配布中

自社サイト「ReYuuストア」で使えるクーポンもこの記事を見ている方限定で発行中です!

ReYuuストア

各モールでも販売中

楽天市場 Amazon Yahoo!ショッピング