教育訓練給付金制度(助成金)のあるWebマーケティングスクールおすすめ

教育訓練給付金制度を使うと、受講料の一部が給付金として支給されるため、スクール受講やスキルアップにぜひ利用したいですね。本記事はWebマーケティングスクールの受講を検討している方のために、給付金制度を使えるスクールをピックアップしました。

  • 2024年6月13日
  • 本記事には広告が表示されます
教育訓練給付金制度(助成金)のあるWebマーケティングスクールおすすめ

本記事では、教育訓練給付制度のあるおすすめのWebマーケティングスクールについて紹介します。

教育訓練給付制度では、受給要件を満たすことでハローワークから、受講費用の一部が支給されます。

費用を抑えて学べるので、Webマーケティングを学びたいと考えている方は必見です。

教育訓練給付金制度(助成金)でWebマーケティングを学べるおすすめスクール

\今すぐ確認/今月のおすすめスクールを見る

この記事の監修者
監修者:水野
水野真理子(ファイナンシャル・プランニング技能士)
働きながら某スクールでプログラミングやデザインなど学び、未経験からWEB業界へ。最近は仕事の幅を広げるために動画編集スクールを検討中。ファイナンシャルプランナーの視点から、仕事に繋がるコスパの良いスクールを厳選してご紹介します。

教育訓練給付金制度(助成金)とは

画像引用元:教育訓練給付制度|厚生労働省

教育訓練給付金制度のポイントをまとめると、次の3つとなります。

教育訓練給付金制度について
  • 受講費用の一部が支給される制度
  • 給付を受けるには受給要件を満たす必要がある
  • 教育訓練には3種類ある

上記のポイントについて詳しくみていきましょう。

受講費用の一部が支給される制度

教育訓練給付金制度とは、厚生労働大臣の指定する教育訓練を修了することにより、受講費用の一部が支給される制度のことです。

雇用の促進や就職の支援、すでに働いている人々のキャリア支援を目的としています。

給付を受けるには受給要件を満たす必要がある

給付金の支給を受けるには、受給要件を満たす必要があります。

教育訓練給付金制度の受給資格要件の概要
  • 制度をはじめて利用する方:雇用保険に1年以上加入し、受講開始時点で在職中、または離職後1年以内
  • 制度を過去に利用された方:前回の受講開始日以降の雇用保険加入期間が3年以上ある

ご自身が受給資格があるかどうかについては、お住まいの地域のハローワークで確認できます。

受講を申し込む前に、制度を利用できるかどうかを確認しましょう。

教育訓練には3種類ある

給付金が支給される教育訓練(講座)は、その目的等に応じて、次の3種類に分類されます。

教育訓練の種類訓練の目的給付金率教育訓練の一例
専門実践教育訓練中長期のキャリア形成受講費用の最大70%(上限 1年あたり56万円・最長4年)AIエンジニアを目指す講座
IoTエンジニアを目指す講座
特定一般教育訓練再就職受講費用の最大40%(上限 20万円)基本情報技術者試験の合格を目指す講座
一般教育訓練雇用の安定受講費用の最大20%(上限 10万円)Webクリエイター能力認定試験の合格を目指す講座

それぞれの違いについて見ていきましょう。

専門実践教育訓練

専門実践教育訓練は、中長期のキャリア形成や高度な専門人材の育成を目的とする講座が該当します。

たとえば、AIやIoTといった高度IT分野などの講座が当てはまります。

この専門実践教育訓練では、受講費用の最大70%の給付金を受けられます。

特定一般教育訓練

2つ目の特定一般教育訓練は、主に再就職を目指すための教育訓練です。

給付金は、受講費用の最大40%です。

一般教育訓練

3つ目の一般教育訓練は、雇用の安定を図る目的の講座が該当します。

Webマーケティングを学ぶ講座の多くは、この一般教育訓練に該当します。

一般教育訓練では、受講費用の最大20%・上限10万円が支給されます。

\今すぐ確認/今月のおすすめスクールを見る

▲目次に戻る

Webマーケティングとは

マケキャン紹介画像

画像引用元:マケキャンとは | 【公式ブログ】マケキャンbyDMM.com~Webマーケティング転職キャンプ~

Webマーケティングとは、インターネットやWebサイトを利用してマーケティングを行うことをいいます。

Webマーケティングは急拡大している分野のため、人材不足状態にあり、経験者を中心に中途採用の機会も多くなっています。

Webマーケティングの業務

Webマーケターが行う主な業務は、次のとおりです。

Webマーケティングの主な業務内容
  • Web広告の出稿
  • コンバージョン向上のためのアクセス解析・改善案の実行
  • メールマガジンやSNSを活用した販促活動

技術の変化スピードが速い分野であるため、常に最新のトレンドに関心をもち、学習を通じて自己研磨する必要があるでしょう。

資格は必要とされないため、どんな方でもチャレンジできます。

Webマーケティングに必要なスキル・知識

Webマーケティングに必要とされる知識は、主に次の3つです。

Webマーケターに必要なスキル・知識
  • SEO(自社サイトの露出度を高める)
  • Web広告の知識(リスティング広告、アフィリエイト広告、アドネットワーク広告等)
  • アクセス解析から改善策を考える知識

テキストや画像、Webサイトの作成等も行うことがあるため、Webサイト制作の知識やディレクションについて知識がある方がベターです。

さらにAIや機械学習などの最新テクノロジーの学習を取り入れると、より自社サイトの効果を高めることができます。

\今すぐ確認/今月のおすすめスクールを見る

▲目次に戻る

【Webマーケティングを学べる】教育訓練給付金制度(助成金)を使えるおすすめスクール

画像引用元:Webデザイン・プログラミングスクール【インターネット・アカデミー】

では、給付金の支給対象となっている、Webマーケティングを学べるスクールについて見ていきましょう。

ここでは、4つのスクールを紹介します。

なお正しい料金や制度の詳細、給付条件などは、スクールの無料カウンセリング・無料相談会などで必ず確認していただくようお願いいたします。

インターネット・アカデミー

インターネット・アカデミー」でWebマーケティングを学べる講座やコースは、次のとおりです。

講座・コース名受講料給付金の対象自己負担金
Webマーケティング講座184,800円-
Web担当者コース
(Webマーケティング講座を含む)
605,660円
(一般・100,000円給付)
505,660円
Webデザイナー検定コース+作品制作講座
+Webマーケティング講座
676,280円
(一般・100,000円給付)
576,280円
プログラマー入門コース
+Photoshop講座+Webマーケティング講座
474,320円
(一般・94,864円給付)
379,456円
詳細講座やコースの詳細を見る

Webマーケティング講座Webマーケティング講座」は、SEOやWeb広告の出稿、アクセス解析について学ぶ講座です。

ただ、「Webマーケティング講座」単体では、給付金の対象とはなりません。

Webマーケティング講座で学ぶ内容を含むコースであれば、給付金の対象となります。

給付金対象のコースの詳細は、次のとおりです。

講座・コース名内容受講期間
Web担当者コースWebマーケティングに加えて、Webサイトの制作知識の基礎を学ぶ9ヶ月
Webデザイナー検定コース+作品制作講座
+Webマーケティング講座
Webマーケティングに加えて、Webサイト制作の知識・コーディング技術を学び、「Webクリエイター能力認定試験」の資格取得を目指す10ヶ月
プログラマー入門コース
+Photoshop講座+Webマーケティング講座
Webマーケティングに加えて、HTM/CSSとJavaScriptを習得し、PhotoShopの使い方を学習する7ヶ月
詳細講座やコースの詳細を見る

3つもコースがあると、選ぶのが難しいかもしれませんね。

コースを選ぶ基準の一例を上げると、以下となります。

コースの選び方の一例
  • Webサイト制作の知識を学ぶのであれば「Web担当者コースWeb担当者コース
  • 資格取得まで目指すのであれば「Webデザイナー検定コース+作品制作講座+Webマーケティング講座」
  • PhotoShopの使い方を学習したいのであれば「プログラマー入門コース+Photoshop講座+Webマーケティング講座」

ご自分の興味に応じて、適切なコースを選択しましょう。

\詳細は下記をチェック/インターネット・アカデミー(公式)

ヒューマンアカデミー(たのまな)

たのまなたのまな

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」では、以下のコースでWebマーケティングを学べます。

講座・コース名受講料給付金の対象自己負担金
Webデザイナー
Web制作上級コース
507,100円
(一般、81,755円給付)
425,345円
詳細講座/コースの詳細を見る

Webデザイナーを目指すコースではあるものの、学ぶ内容にデジタルマーケティングが含まれています。

給付金の対象給付金でもあるので、条件を満たせば、81,755円が給付されます。

コースの詳細は、次のとおり。

講座・コース名内容受講期間
Webデザイナー
Web制作上級コース
HTML/CSS、PhotoShop、Illustrator、Webデザイン・UI、JavaScript、デジタルマーケティングを学ぶ6ヶ月
詳細講座/コースの詳細を見る

WebマーケティングだけでなくWebデザインについても学びたいのであれば、ヒューマンアカデミーたのまなの「Webデザイナー Web制作上級コース」がおすすめです。

\詳細は下記をチェック/たのまな(公式サイト)へ

KENスクール

KENスクール[ピーシーキョウシツ]

KENスクール」では、以下の2つのコースでWebマーケティングに必要なスキルを学べます。

No.講座・コース名受講料給付金の対象自己負担金
1SEO基礎6,600円-
2SEO実践テクニック9,900円-
詳細公式サイトで詳細を見る

SEOについて学ぶ単科講座ですが、残念ながらどちらも給付金の対象外です。

Webマーケティングの分野は学習しないものの、Web制作に関する以下のコースであれば、給付金の対象となります。

No.講座・コース名受講料(入学金込)給付金の対象自己負担金
3Web実践就転職総合コース410,300円
(一般、82,060円給付)
326,240円
4Web実践キャリア就転職総合コース
365,200円
(一般、73,040円給付)
292,160円
詳細公式サイトで詳細を見る

それぞれの学習内容は、次のとおりです。

No.講座・コース名内容受講期間
3Web実践就転職総合コースHTML/CSS・PhotoShop・Illustratorを使ってWebサイトをデザイン・制作する技術を学ぶ6ヶ月
4Web実践キャリア就転職総合コースDTP経験者向け。HTML/CSS、JavaScript/jQuery、コーディングを学ぶ。6ヶ月
詳細公式サイトで詳細を見る

Webマーケティングに隣接する分野としてWeb制作技術を学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

\詳細は下記をチェック/KENスクール(公式サイト)を見る

Winスクール

項目
WinスクールWinスクール
Winスクール
名前
Winスクール
目的
学習/スキルアップ・就職/転職・資格取得
授業
オンライン(講義)・オンライン(自習)・通学
料金
101,200~783,200円
給付金
対象コースあり
体験
なし
詳細
https://www.winschool.jp/

WinスクールでWebマーケティングについて学べる講座は、次のとおり。

No.講座・コース名受講料(入学金込み)給付金の対象自己負担金
1アクセスアップ&WEBマーケティング74,800円-
詳細公式サイトを見る

上記の講座では、集客効果を高めるためのWebデザインやSEO、Web広告について学びます。

ただ残念ながら、給付金の対象講座ではありません。

WebデザインやWeb制作に関する講座にはなりますが、給付金をもらって費用を抑えたい方は、以下の講座を検討してみてください。

No.講座・コース名受講料(入学金込)給付金の対象自己負担金
2Webクリエイター295,900円
(一般、59,180円給付)
236,720円
3WebデザイナーPlus355,300円
(一般、71,060円給付)
284,240円
4Webデザイナープロ400,400円
(一般、80,080円給付)
320,320円
5Webマスター404,800円
(一般、80,960円給付)
323,840円
6Webプログラミングマスター542,300円
(一般、100,000円給付)
442,300円
詳細公式サイトを見る

給付金対象コースの詳細は、次のとおりです。

No.講座・コース名内容受講期間
2WebクリエイターHTML/CSSとJavaScriptを学ぶ7ヶ月
3WebデザイナーPlusグラフィックソフト(Illustrator、Photoshop)の使い方とHTML/CSSを学ぶ6ヶ月
4WebデザイナープロNo2の内容に加えPHPを学ぶ10ヶ月
5WebマスターNo3の内容に加え、JavaScriptを学ぶ10ヶ月
6WebプログラミングマスターNo3の内容に加え、JavaScript、PHPを学ぶ12ヶ月

特におすすめなのは、6番目の「Webプログラミングマスター」。

Webサイト制作に関することをすべて網羅できるので、Webマーケターとしての活動に役立つでしょう。

\詳細は下記をチェック/Winスクール(公式サイト)を見る

Winスクール公式X(旧Twitter)の注目ポスト

下矢印全て表示

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度(助成金)を使ってプログラミングスクールを受講する際の注意点

Winスクール 給付金

画像引用元:Web・デザイン・動画制作 教育訓練給付制度対象コース|パソコンスクールWin

給付金を得るためには、次の3つをすべて満たす必要があります。

給付金を使ってプログラミングスクールを受講する際の注意点
  • 自身に受給資格があること
  • 講座の修了要件を満たすこと
  • 講座修了の1ヶ月以内に支給申請を行うこと

上記のどれか1つでも満たせない場合、給付金は支給されません。

給付金の支給を得るつもりで講座を受講しても、何らかの事情で給付を受けられない可能性もありますので、ご注意ください。

自身に受給要件があること

教育訓練給付金制度は、基本的に以下の条件を満たす人が利用できます。

教育訓練給付金制度の受給資格要件
  • 制度をはじめて利用する方:雇用保険に1年以上加入し、受講開始時点で在職中、または離職後1年以内
  • 制度を過去に利用された方:前回の受講開始日以降の雇用保険加入期間が3年以上ある

ご自身が教育訓練給付金制度を利用できるかどうかは、最寄りのハローワークで確認できますので、お問い合わせください。

なお、受講開始予定日と実際の受講開始日が異なっていたり、問い合わせ時と雇用保険加入状況が異なっていたりする場合は、制度を利用できない可能性も考えられます。

状況が変わったときは再度ハローワークに問い合わせするなどし、受給要件にじゅうぶんに注意するようにしましょう。

講座の修了要件を満たす

受講時は、講座ごとに設定されている「修了認定基準」を満たすことに注意してください。

「修了認定基準」を満たすことで、給付金の申請に必要な「教育訓練修了証明書」が配布されます。

たとえばWinスクールの「Webマスター」コースの場合、修了認定基準は「出席率80%以上、試験合格率優良可不可の4段階で判定、補講・追試は認める」です。

きちんと出席し、試験に合格するよう努めましょう。

講座修了の1ヶ月以内に支給申請を行うこと

講座開始前に制度を利用できるかどうかをハローワークに確認したとしても、給付を得るには改めて申請が必要です。

給付金の支給を受けるための申請は、講座を修了してから1ヶ月以内に行いましょう。

▲目次に戻る

無料説明会・無料体験の申込み手順

インターネット・アカデミーの特徴は?概要と運営会社を紹介!

画像引用元:Webデザイン・プログラミングスクール【インターネット・アカデミー】

講座を申し込む前に無料説明会・無料体験に参加することで、スクール選びに失敗するリスクを低くできます。

ここでは、無料説明会・無料体験の申し込み手順について解説します。

無料無料カウンセリング・説明会・無料体験でわかること

未受講者の方で「学べる技術がそもそもどんな技術なのか」知っている人は、少ないのではないでしょうか。

無料説明会・無料体験に参加することで、プログラミングやWebデザインに関する技術に対して、理解を深められます。

「JavaScriptってどんな技術なの?どう役に立つの?」といった、ふとした疑問を解消できます。

無料カウンセリング・説明会・無料体験を受けるべき理由

無料説明会・無料体験を受けることで、自分に適しているかどうかを判断できます。

通学スタイルでの受講を検討している場合は、ぜひ対面での説明を選択してみてください。

実際に学ぶ環境を体験してみることで、具体的に学ぶイメージが湧き、学びやすいかどうかを判断できるでしょう。

そこでここでは、インターネット・アカデミーの無料カウンセリング申込み手順を解説します。

手順1:公式サイトの「無料で相談してみる」をタップする

インターネット・アカデミー無料カウンセリング申込み手順

手順2:無料カウンセリングの実施場所を選ぶ

インターネット・アカデミー無料カウンセリング申込み手順

手順3:希望日時と連絡先を入力する

インターネット・アカデミー無料カウンセリング申込み手順

手順4:「同意して進む」をタップして画面の指示に従う

インターネット・アカデミー無料カウンセリング申込み手順

▲目次に戻る

教育訓練給付金制度(助成金)でWebマーケティングを学べるおすすめスクールまとめ

まとめ

給付金の支給を受けることができるWebマーケティングスクールについてまとめると、次のとおりです。

教育訓練給付金制度(助成金)でWebマーケティングを学べるおすすめスクール

\詳細は下記をチェック/KENスクール(公式サイト)を見る

制度の対象となっている講座のうち、Webマーケティングの内容を学べる講座は少数です。

給付金で費用を抑えたい場合は、Webマーケティング分野に隣接する、Webサイト制作やWebデザインの講座を検討してみることをおすすめします。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
codyのライター。OA機器の法人営業を12年経験。中小企業に対し、基幹システムやサーバー、ビジネスフォン、Webサイトを納めてきました。社内SEとお客さまの橋渡し役だったため、技術的なことをわかりやすく噛み砕いて説明するのが得意。会社員時代に初級シスアドとファイリング検定の資格を取得しています。

プログラマー、デザイナーに人気!MacBookが特別価格で販売中

MacBook

快適なプログラミング、デザインにはMacを使用するのがおすすめです。今なら「Apple認定整備済み【未開封品】MacBook M2,2022年モデル」がReYuuストアで特別価格で販売しています。

Apple公式よりかなりお得!

モデルReYuuストアApple公式
MacBook Pro 13インチ M2 8GB/256GB¥145,800¥178,800
MacBook Air 13インチ M2 8GB/256GB¥134,800¥164,800
※2023年9月7日時点の価格です。

Appleのメーカー保証が1年間付属していますので、万が一不具合が起こったとしても安心です。

ReYuuストアで使える¥2,000オフクーポンコード配布中

自社サイト「ReYuuストア」で使えるクーポンもこの記事を見ている方限定で発行中です!

ReYuuストア

各モールでも販売中

楽天市場 Amazon Yahoo!ショッピング